コラム

Column

浮気調査

不倫の自白は不貞行為の証拠になる?確実な証拠にする方法と注意点

不倫の自白は不貞行為の証拠になる?確実な証拠にする方法と注意点

更新日:

PRが含まれています

「不倫の自白は不貞行為の証拠になるの?」という疑問を持つ方もいるでしょう。結論、離婚裁判や慰謝料請求の際、不倫の自白は不貞行為の証拠となります

仮にそれが口頭であっても、不倫の事実を自白した場合は、裁判や慰謝料請求の場面で証拠としての効力を発揮します。しかし、相手がその事実を裁判の場面で否定した場合、証拠として有効になるとは言い切れません。

裁判や慰謝料請求の際にトラブルを招かないようにするためには、証拠となる自白の収集方法や注意点に意識を向ける必要があります。そこで今回は、不倫の自白を確実な証拠にする方法や注意点について詳しく解説します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

不倫を自白する理由

不倫を自白する理由

不倫は倫理的に問題がある行為と広く認識されています。しかし、不倫をしているのにもかかわらず、その事実を自ら白状する人もいます。

なぜ、自ら不倫の事実を認めるのでしょうか?その主な理由として、以下の2つが考えられます。

  1. 離婚を考えている
  2. 不倫相手とのトラブル

これらの理由を理解することで、不倫をした背景が見えてくるはずです。1つずつその内容を見ていきましょう。

離婚を考えている

1つ目は、離婚を考えているケースです。不倫をしている人の中には、配偶者との関係を終わらせ、不倫相手との関係を始めたいと考えている人もいます。

その場合、不倫の事実を隠し続けることが精神的なストレスになっており、現状の罪悪感から解放されるために、自ら不倫を白状するというケースがあります。

自白すれば結果として、現在の配偶者との関係を終わらせ、次のステップに進むための準備を始めることが可能です。

不倫相手とのトラブル

不倫相手とのトラブルが決め手となり、配偶者に不倫を打ち明けるパターンもあります。不倫の関係は秘密裏に進行することが多いため、その中で生じるトラブルは独特です。具体的には、以下のようなトラブルが考えられます。

▼不倫相手との主なトラブル

  • 不倫相手に別れを告げたらストーカーされるようになった
  • 手切れ金の支払いを求められた
  • 配偶者に不倫をバラすと脅された

トラブルの主な原因は、期待値の不一致によるものです。例えば、一方が将来的な結婚を前提としているのにもかかわらず、もう一方は現状維持を希望している場合、このギャップからトラブルが生じる可能性があります。

また、金銭的なトラブルが要因となるケースもあり、自分の手に負えなくなったとき、自ら不倫を告白するといった行動が行われるのです。

不倫の自白は不貞行為の証拠になる

不倫の自白は不貞行為の証拠になる

結論から言えば、離婚裁判や慰謝料請求の際、不倫の自白は不貞行為の証拠となります。不倫の自白が証拠になる理由は、自分の意思で不利益な発言をしており、一般的に信憑性が高いと判断されるためです。

不倫の事実を自白する行為は、離婚裁判や慰謝料請求を起こされる可能性があるため、わざわざ「不貞行為をした」と嘘をつく必要がありません。それなのにもかかわらず、あえて自白をするということは、その時点で生じる不利益以上に何かしらの意味・メリットがあるということです。

意味やメリットについては、離婚のため、トラブル解消のため、プライド維持のためなど、自白する人によってさまざまです。その情報は信憑性が高いと判断されやすく、不倫の証拠として扱われることが多いのです。

▼不倫の自白が不貞行為の証拠となるケース

  • 口頭で不倫の事実を告白した
  • 書面で不倫を認める発言がある
  • 音声データで不倫の発言を記録した

口頭や書面、メッセージなど、自ら不倫を認める発言が記録されている場合、それは離婚の原因を示す確固たる証拠となり得ます。特に証拠としての信憑性が高いのは、第三者が立会いの下での自白や、自ら書かれた手紙やメールなどです。

このような不倫の自白だけで、慰謝料を請求することが可能です。ただし、慰謝料を請求した途端、配偶者に手のひらを返される可能性もあるため、確固たる証拠を用意するまで手は抜けません

不倫の自白を確実な証拠にする方法

不倫の自白を確実な証拠にする方法

不倫の自白を確実な証拠にする方法として、大きく以下の3つが考えられます。裁判や慰謝料請求を優位に進めるためにも、事前に各方法を理解しておきましょう。

  1. 書面
  2. 音声データ
  3. 動画データ

各方法を順番に解説していきます。

書面

書面による自白は、その証拠としての信用性が非常に高いとされます。なぜなら、不倫の事実が曖昧に記載されるケースが少なく、第三者が見ても不倫をしていると容易に判断できるからです。

以下のような点が記載されていれば、自白の内容をただ記述したものよりも効果が高くなります。

項目 内容
詳細な内容 不倫関係が始まった日付、場所、頻度など、具体的な事実の詳細
作成時の日付 書類を作成した日付
署名 配偶者と不倫相手の署名、または押印

このような項目が記載されていれば、書面による自白を確実な証拠として活用することができます。書類の紛失を考慮し、紙とデジタル媒体の両方で保管しておきましょう。

音声データ

音声データも、自白の証拠として利用可能です。書面での記録が難しい場合は、音声データでの取得を心がけましょう。

▼音声データを記録する主な方法

  • スマートフォンの録音機能
  • IC・ボイスレコーダー

音声データを証拠として採用する場合、いくつかの点に注意が必要です。まず、配偶者に許可を取らずに秘密録音した場合です。

秘密録音は一見証拠として無効に思えますが、著しく反社会的な手段を用いたものでない限りは、証拠として有効となる可能性が高いと言えます。

また、録音する際にノイズが入って音声が乱れている、曖昧な会話が多くて明確な証拠とならない、といったケースにも注意しましょう。高品質のマイクを使用し、明確な目的を持って録音することをおすすめします。

▼配偶者から聞き出すべき情報

  • 不貞行為を行ったという事実
  • 不貞行為を行った相手の氏名
  • 不貞行為を行った時期、回数、場所

動画データ

音声データよりも入手が難しいですが、動画データも自白の証拠として有効です。動画データは、配偶者の表情や様子も記録できるため、証拠としての信用性が高まります。

また、配偶者が本当のことを話しているのか、脅迫されていないか、反省しているのか、などを判断しやすい点も利点です。しかし、動画データを証拠として使用する際にも注意点が存在します。

▼動画データを記録する際の注意点

  • 音声データ同様に、不貞行為の詳細を聞き出すようにする
  • 高解像度のカメラを使用し、明るい場所で撮影する
  • 動画データの破損を防ぐため、適切な管理を心がける

動画データの主な記録方法は、スマートフォンのカメラ機能での撮影です。記録したデータは念のため、複数の端末やクラウドに保管しておきましょう。

不倫の自白を証拠にする際の注意点

不倫の自白を証拠にする際の注意点

不倫の自白を証拠として活用する際には、いくつかの注意点が存在します。以下の注意点に該当する場合、効果的な証拠として認められないだけでなく、逆に配偶者や不倫相手から訴えられる可能性があります。

無用なトラブルを避け、裁判などで優位に進めるためにも、事前に以下の注意点を把握しておきましょう。

強制は厳禁

強制的に自白させる行為は厳禁です。強制的に自白させた場合、証拠内容が正当であっても、証拠能力がないものとして判断される可能性があります

▼強制的な自白に該当するケース

  • 殴る、蹴るなどの暴行を加える:暴行罪(刑法208条)
  • 相手の身体に怪我を負わせる:傷害(刑法204条)
  • 脅迫によって無理やり自白させる:強要(刑法223条)

このような手段に該当する場合、逆に配偶者から訴えられる可能性が出てきます。強制的な自白にならないよう感情を抑え、冷静に対処することが大切です。

当事者以外の証言は証拠にならない

不倫の証拠として証言の重要性は高いですが、その証言が信用性を持つためには、情報の出所がポイントとなります。当事者以外が不倫の事実を公言したとしても、その証言が証拠にならないケースがあります。

▼当事者以外に該当する人物

  • 配偶者の友人
  • 不倫相手の家族
  • ニュースメディア

先程、「不倫の自白は不貞行為の証拠になる」と解説しましたが、そもそも自白とは「不貞行為をした」と、配偶者やその不倫相手が認めることを意味します。つまり、配偶者と不倫相手以外(当事者以外)が不倫の事実を証言したとしても、それは自白に含まれないのです。

自白の信用性が重要視される

不倫の事実を証明するための自白は、その信用性が極めて重要となります。自白が裁判で証拠として取り上げられたとしても、総合的に信用性が認められなければ、その自白が無効となる可能性もあります

▼自白の信用性に影響を与えるポイント

  • 自白の具体的な日時や場所などの詳細
  • 自白した動機・経緯
  • 自白による事実の一貫性
  • 第三者の証言や証拠との整合性
  • 自白した日の配偶者・不倫相手の体調

自白の信用性は、上記のポイントを踏まえて総合的に評価されます。仮に口頭で不倫の事実を自白していたとしても、その事実を配偶者や不倫相手が否定した場合、証拠としての効力が失われることがあります。

一度不倫の事実を聞き出したとしても、それで満足せず、より信用性の高い情報を入手するための行動を取りましょう。

不倫の自白だけで慰謝料を請求できる?

不倫の自白だけで慰謝料を請求できる?

不倫を巡る問題では、当事者間の関係や状況によって、慰謝料請求の根拠や証拠の重要性が変わることがあります。自白は強力な証拠の1つですが、それだけで慰謝料の請求が通るとは限りません。

不倫の自白だけで慰謝料の請求が通らないケース、それ以外の証拠が必要となるケースに分けて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

相手が否定すると認められない可能性がある

自白だけを頼りに慰謝料を請求する場面では、配偶者や不倫相手がそれを否定するケースが考えられます。口頭での自白や、状況が不明確な自白については、相手が事実関係を否定した場合は、確固たる証拠として認められない可能性があるのです

証拠として認められない理由は、双方が主張する意見が異なるため、どちらの情報も信用性がないものとして判断されるからです。このケースを避けるためには、書面や音声データ、動画データの確保が求められます。

配偶者や不倫相手が自白した際には、その言動を見逃さず、データとして残しておくことをおすすめします。

確実に慰謝料を請求するなら自白以外の証拠が必要

自白だけに頼るのではなく、不倫の事実を証明するために他の証拠も集めておきましょう。他の証拠とは、一般的に肉体関係が認められるものを指します。例えば、以下のような証拠が挙げられます。

証拠の一例 具体的な内容
写真 配偶者と不倫相手が2人でホテルの入る写真、手を繋いでいる写真など
メール 肉体関係が示唆されるメール、2人で会う約束をしているメールなど
メモ帳 不倫相手との予定を書き込んでいるメモ帳など
決済情報 ホテルの決済情報、ETCの決済情報、食事の決済情報など
領収書 宿泊したホテルの領収書、食事の領収書など
第三者の証言 「不倫デートを目撃した」「2人が手を繋いでいるのを見た」など

不倫関係の存在やその影響を示す複数の証拠を持つことで、慰謝料請求の確実性が高まります。自白はその一部であり、証拠全体の位置付けや評価を正確に理解しておくことが大切です。

不倫の証拠集めはラビット探偵社がおすすめ!

不倫の証拠集めはラビット探偵社がおすすめ!

不倫の証拠を確実に集めるためには、専門的な知識や機材、経験が必要です。間違った方法で証拠を取得すれば、それは法的な価値を持たず、ときには法的な問題を引き起こす可能性さえあります。そこで、専門家に不倫の証拠集めを依頼することの重要性が高まってきます。

ラビット探偵社は、不倫の証拠収集に関する専門家として多くの経験と知識を持つ探偵社です。警察OBの会社で調査のノウハウを学び、その経験と知識を活かして調査を進めます。

▼「ラビット探偵社」の4つの魅力

  • 調査料金は業界トップクラスの安さを実現
  • 調査状況をリアルタイムで報告
  • 安心のアフターサポートが充実している
  • 全国対応・豊富な調査員によるスポット対応/即日調査が可能

適切な証拠の提出は、慰謝料の金額や親権の取得、さらには不倫相手との関係を正式に終わらせるための重要なアクションです。

「証拠集めに不安を感じている」「裁判を優位に進めたい」という方は、ぜひ全国14支店に拠点を置くラビット探偵社の利用をご検討ください。

お客様の細かなご要望にも即座に対応いたします。

まとめ

本記事では、不倫の自白を確実な証拠にする方法、証拠にする際の注意点を詳しく解説しました

離婚裁判や慰謝料請求の際、不倫の自白は不貞行為の証拠となりますが、口頭だけでは十分な効力があるとは言えません。配偶者や不倫相手から否定される可能性もあるため、書面や音声データ、動画データを取得することが大切です。

また、自白の証拠を集める際には、強制は厳禁、当事者以外の証言は証拠にならないなどの注意点もあるため、それらを留意した上で証拠集めを開始する必要があります。

証拠集めを確実なものにしたい方は、浮気・不倫調査に特化した「ラビット探偵社」にお任せください。不倫の証拠収集に関する専門家として、多くの経験と知識を活用し、お客様のご要望を全面的にサポートいたします。ぜひ一度、不倫調査についてご相談くださいませ。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら