コラム

Column

浮気調査

不貞行為の立証が難しい理由は?使える証拠や集め方

不貞行為の立証が難しい理由は?使える証拠や集め方

更新日:

PRが含まれています

不貞行為の立証は、離婚訴訟や慰謝料請求において重要なポイントであり、多くの人が直面する問題です。ですが、実際に不貞行為を立証するのは非常に難しいとされています。

この記事では、不貞行為の立証がなぜ難しいのか、どういった証拠が使えるのか、証拠の集め方について詳しく紹介します。

不貞行為の立証に関する疑問や悩みを解消したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

不貞行為とは

不貞行為とは

不貞行為は、結婚生活において配偶者の信頼を裏切る行為として、法的にも社会的にも非難される行為の一つです。

不貞行為として認識されるのは、配偶者以外の人との性的な関係です。夫や妻が他の人とホテルに泊まる、または自宅で密会するなどの行為を指します。

ただし、映画を見に行く、食事を共にする、キスを交わす、手をつなぐなどの行為だけでは、性的な関係があると断言できないため、不貞行為としての慰謝料の請求は認められません。

例えば、AさんとBさんが結婚している中、AさんがCさんと密会している写真がBさんの手に渡ったとします。

BさんはAさんに対して、精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求できます。しかし、そのためには、AさんとCさんの関係が不貞行為であることを証明する必要があります。

証拠の提出は、法的手続きにおいて非常に重要です。

AさんとCさんが一緒にレストランで食事をしている写真だけでは、不貞行為とは認められませんが、ラブホテルの出入りを示す写真があれば、証拠として強力となります。

不貞行為の事実をしっかりと証明することは、離婚の際の慰謝料の請求や、その後の生活の再建、子供の親権など、多くの点で影響を及ぼす可能性があるため非常に重要です。

不貞行為の立証が難しい理由

不貞行為の立証が難しい理由

不貞行為の立証が難しい理由はいくつかあります。まずは、不貞行為が非常にプライベートな行動であり、明確にすることがとても難しいことが挙げられるでしょう。

たとえ疑わしい行為が見つかっても、ほとんどの相手は不貞行為があったことを簡単に認めないと思われます。

確固たる証拠を見つけるまでは立証できないのに対し、証拠を掴むことがとても難しいため、不貞行為は立証が困難であるといわれます。

具体的にどのような理由で立証が難しいのか、ここではいくつか例を挙げて紹介します。

相手が簡単に認めない

不貞行為が疑われる相手に、直接不貞行為の有無を問いただしたとしても、肯定されるケースはほとんどないでしょう。

自白されない場合には、証拠により不貞行為の事実を証明しなければなりません。

これは立証責任と呼ばれるもので、証明できなければ慰謝料請求も認められません。相手が認めないケースは多く、立証が難しくなることが一般的です。

そのため、相手が認めない場合の対処法や、どういった証拠が有効かなど、具体的な戦略が求められます。

確実な証拠を用意するのが困難

不貞行為は配偶者以外との性行為を指すため、ほとんどの場合は人に見られることのないプライベートな場所で行われています。

つまり、決定的な証拠を掴むことがとても難しいと言い換えられるでしょう。

しかし、決定的な証拠がない場合でも、複数の証拠を組み合わせることで不貞行為を立証できる可能性はあります。ですが、違法に集めた証拠や改ざんしやすいデータは認められない場合があるので注意が必要です。

証拠の信憑性や法的な側面も考慮する必要があります。

不貞行為が立証できるのはどういうケース?

不貞行為が立証できるのはどういうケース?

不貞行為の立証ができるケースと、認められにくいケースは、ほんのわずかなことで変わる場合があります。使用する証拠の種類や信憑性、収集方法で判断されることが多いです

ここでは、不貞行為が立証できる・立証できない具体的なケースについて詳しく紹介します。

認められる場合

決定的な証拠を掴むことができればシンプルですが、押さえるのは大変困難です。そのため、複数の証拠を組み合わせた不貞行為の立証が求められます。

  • ラブホテルに出入りする写真や領収書
  • 性行為を匂わせるLINEなどのやり取り
  • 不貞行為を自白した音声
  • 下着姿で寛ぐ二人の写真

配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りする様子を示す写真やラブホテルの領収書は、不定行為の確実性を示す強力な証拠として認められます。

また、メールやLINEなどのメッセージのやり取りにおいて、不貞行為を暗示する内容や、特に肉体関係を示すような内容が含まれている場合、これも有力な証拠として裁判所に提出できます。

また、不貞行為の自白を含む音声や、その行為の現場を直接捉えた動画も、証拠としての信憑性が非常に高いとされています。

認められにくい場合

証拠として挙げたものが、第三者から見て客観的に不貞行為に当たるとみなされない場合や、証拠を集める時に違法な方法で集めた場合などは、証拠として認められない場合があります。

  • 一回だけの行為: 一回だけの肉体関係で離婚が認められたケースは多くない。
  • 2人だけでの食事やデート: 肉体関係はあったとは断言できない。
  • ただのメールやLINEのやり取り: 「好き」や「愛している」といった好意を伝えるメッセージだけでは不貞行為とは認められない。

一度だけの肉体関係があったとしても、関係を証明するのは容易ではありません

2人での食事やデートの写真があったとしても、それだけでは2人の間に肉体関係が存在したとは断定できないのです。

「好きだ」といった曖昧な内容のメッセージのやり取りがあったとしても、メッセージだけでは不貞行為の確実な証拠としては認められにくい傾向があります。

不貞行為の立証に使える証拠

不貞行為の立証に使える証拠

それでは、不貞行為の立証に使える証拠とはどのようなものでしょうか。写真、動画、メールなど、どれも立証に役立つ可能性があります。

ここでは、具体的に立証に使える証拠を詳しく紹介します。

ラブホテルに出入りする写真

ラブホテルは、カップルがプライベートな時間を過ごすための特別なホテルです。

そのため、ラブホテルの出入りを示す写真は、配偶者が他の異性と密会していたことの確かな証拠として使われることが多いです。

しかし、写真を撮る際には注意が必要です。

公道や駐車場などの公共の場所での撮影が基本で、他人の顔やナンバープレートなどの個人情報はモザイク処理するなどして、プライバシーを尊重する必要があります。

違法な方法で撮影すると、法的なトラブルの原因となる可能性があるため、十分な注意が必要です。


メールやSNSのやり取り

近年、メールやSNSのメッセージのやり取りは、不貞行為の証拠として頻繁に利用されるようになりました。

関係性を示す内容や不貞行為を認めるようなメッセージがある場合、これは非常に有力な証拠となり得ます。

しかし、メッセージの改ざんや偽造の可能性があるため、真正性に注意が必要です。また、メッセージの取得方法が違法である場合、証拠としての価値が低下する可能性があります。

正しい方法での取得と、改ざんのないオリジナルのデータの保持が重要です。

不貞行為を推認できる写真や動画

不貞行為の瞬間を捉えた写真や動画は、不貞行為の証拠としての価値が非常に高いです。

配偶者が他の異性と手をつないでいる、またはキスをしている場面を撮影することができれば、不貞行為の証拠として強力です。

しかし、証拠を取得する際には、法的な問題やプライバシーの侵害のリスクが伴います。

特に、他人の家や車内など、プライベートな場所での撮影は、プライバシーの侵害となる可能性が高いため、避けるべきです。

また、撮影する際の慎重な行動や、撮影した後のデータの管理も重要になります。

不貞行為を推認できる音声データ

不貞行為の相手との電話の内容や、その他の音声データは、不貞行為の証拠としての価値があります。

不貞行為の相手との電話でのやり取りで、関係性や行為に関する内容が話されていれば、強力な証拠となり得ます。

しかし、音声データの取得方法には注意が必要です。通話の録音は、双方の同意がないと違法となる場合があります。

録音を行う際は、法的なガイドラインを確認し、適切な方法で取得することが求められます。


探偵社の調査報告書

探偵社による調査報告書は、不貞行為の立証に非常に有効です。探偵社は、長年の経験と専門的な技術を持っており、その調査結果は信憑性が高いと評価されます。

調査報告書には、不貞行為の日時や場所、関与した人物の詳細など、具体的な情報が詳細に記載されています。ただし、探偵社の調査には一定の費用がかかります。

費用対効果をしっかりと検討し、信頼できる探偵社を選ぶことが重要です。また、探偵社を利用する際は、実績や評価を事前に確認し、信頼性やサービスの質を確かめることがおすすめです。

不貞行為の立証は証拠が重要!集め方は?

不貞行為の立証は証拠が重要!集め方は?

不貞行為の立証には証拠を取得することが欠かせません。証拠を集めるのは、大きく分けると自力で行うか、プロに依頼するかに分けられます。

それぞれのメリット、デメリットを解説します。

自力で集める

自分で証拠を収集する方法は、初期段階の情報収集や疑念の確認には有効ですが、専門的なノウハウや経験が必要となる場面もあります。

メリット: 費用が掛からない

自分自身で証拠を収集する場合、探偵社に依頼するよりも費用が掛からないのが最大のメリットです。

初期段階での情報収集や、疑念を確認するための軽微な調査など、簡単な調査には自力での取り組みが有効です。

しかし、探偵社に依頼すると、調査時間に応じて報酬が発生するため、証拠を掴むまでに時間がかかると費用は高額になることが考えられます。

デメリット: ノウハウが少ない & 違法性のリスク

自力での証拠収集にはノウハウが必要ですが、専門的な知識や経験がないため、十分な証拠を得られない場合があります。

また、適切な方法で証拠を収集しないと、違法性が問われるリスクがあり、証拠として認められない可能性があります。

特に、盗聴や盗撮などの違法行為は厳しく罰せられるため、注意が必要です。


探偵社へ依頼する

探偵社に依頼する場合、プロのノウハウと経験を活用して、強固な証拠を効率的に収集することが期待できますが、費用面での懸念があります。

メリット: プロのノウハウと経験

探偵社に依頼する最大のメリットは、プロフェッショナルなノウハウと経験を持つ専門家に証拠収集を依頼できることです。

プライバシーに関わる不貞行為の証拠収集は難しく、時間もかかることが多いですが、探偵社の経験豊富なスタッフによって、強固な証拠を効率的に収集することが期待できます。

さらに、探偵社は法的な問題を避けるための方法や、証拠の取得方法に関する最新の情報を持っているため、安心して依頼することができます。

デメリット: 費用が高額になる可能性

探偵社に依頼する際のデメリットは、費用面です。

調査が長引くと、費用も増加します。また、依頼後すぐに証拠が得られない場合でも、調査にかかった時間分の費用が発生するため、予算を超えるリスクがあります。

探偵社を選ぶ際には、事前に料金体系を確認し、予算内での調査が可能かどうかを検討することが重要です。


不貞行為の証拠集めはラビット探偵社へお任せください!

不貞行為の証拠集めはラビット探偵社へお任せください!

不貞行為の証拠を自分で収集しようとすると、感情的になりがちで、冷静な判断が難しくなることが多いです。

さらに、情報の取扱いや法的な問題に関するリスクも考慮しなければならず、専門的な知識が求められます。

ラビット探偵社は、最新の技術を活用して確実な証拠収集を行い、経験豊富な探偵があなたの問題の解決をサポートします。

ラビット探偵社は最新の技術を駆使して、どんな状況下でも確実に証拠を収集する高度な技術力を持っています。さらに、多くのケースを手掛けており、お客様が直面する問題に対しても的確なアドバイスとサポートを提供します。

心の中の不安や疑問を抱えている時、ベテランの探偵が大きな助けとなるでしょう。ラビット探偵社は、お客様の情報を厳守することを最優先としています。

プライバシーと情報の安全性は、最も大切なものです。情報の取り扱いに関しても、最大限の注意と配慮を持って行います。

調査が終了した後も、ラビット探偵社のサポートは終わりません。報告書の提出はもちろん、その後のアドバイスやサポートも充実しています。お客様の心の負担を軽減し、最善の結果を追求するパートナーとしていかがでしょうか。

まとめ

不貞行為の立証は、多くの夫婦間のトラブルにおいて重要な要素です。

立証の難しさや、有効な証拠の取得方法について理解することは、慰謝料請求や離婚の際の交渉を有利に進めるための鍵となります。

プライベートな行動である不貞行為の証拠収集は専門的な知識や技術が求められるため、プロの探偵社のサポートを受けることがおすすめです。

ラビット探偵社では、経験豊富な探偵が確実な証拠収集をサポートします。法的な問題や情報の取り扱いに関するリスクを最小限に抑え、お客様のニーズに合わせた最適なサービスを提供いたします。

不貞行為の証拠集めや立証に関するご相談やサポートが必要な方は、ぜひラビット探偵社へお問い合わせください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら