コラム

Column

浮気調査

浮気調査にボイスレコーダーは使える?選び方や注意点を紹介!

浮気調査にボイスレコーダーは使える?選び方や注意点を紹介!

更新日:

PRが含まれています

「パートナーの浮気の証拠を自分で集めることができないか」と、お悩みの方もいるのではないでしょうか。

浮気調査は個人でも可能ですが、専門的な知識が必要になるため多くのリスクが伴います。そのなかでも、比較的簡単にできるのがボイスレコーダーを使った浮気調査です。

この記事では、浮気調査にボイスレコーダーを使う方法や選び方、注意点を解説します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

浮気調査で使うボイスレコーダーの選び方

浮気調査で使うボイスレコーダーの選び方

証拠集めに不可欠なボイスレコーダーですが、用途に応じた機能を搭載するものを選ばなければ有効な証拠をつかむことができません。

ここでは、浮気調査で使うボイスレコーダーの選び方を解説します。

小型タイプ

浮気調査で使うボイスレコーダーは、できるだけ小型タイプを選ぶのがおすすめです。

そもそも浮気調査にボイスレコーダーを使う際は、相手にバレないことが大前提です。サイズの大きなボイスレコーダーを設置した場合、パートナーに浮気調査をしていることがバレて決定的な証拠をつかめなくなる可能性があります。

また、ボイスレコーダーの設置がバレてしまうと、証拠集めに影響するだけでなく、トラブルの火種になる可能性があります。パートナーの所有物の中にボイスレコーダーを仕込んだ場合は器物破損、浮気相手の車や自宅に勝手に仕掛けた場合は住居侵入などの罪に問われます。

また、許可のない録音はプライバシー侵害にあたり、正当な証拠として認められない場合もあるため注意しましょう。

電池が長持ちする

電池が長持ちするボイスレコーダーを選んで、浮気調査で使うようにしましょう。

浮気の証拠となる会話は、いつどこで行われるか分かりません。電池の持ちが悪いボイスレコーダーを設置しても、肝心なときに電池が切れていたら証拠となる音声を録音できません。

浮気調査は長時間に及ぶことが多いため、できるだけ電池が長持ちするボイスレコーダーを選び、決定的な証拠をつかみましょう。

ボイスレコーダーの製品仕様には、電池持続期間が記載されています。

録音時にどれだけ電池が持つのかを確認してボイスレコーダーを選んでください。目安としては10時間以上の電池持続時間があれば安心です。

マイクの性能

ボイスレコーダー選びには、マイクの性能の高さがポイントになります。

マイクの性能が悪い場合、肝心の音声を鮮明に録音できないだけでなく、誰の声なのかを判断できないため、浮気の証拠とはなりません。できるだけ集音性の高いマイクを搭載したボイスレコーダーを選択しましょう。

また、ボイスレコーダーの製品によっては、ノイズを除去して鮮明な音声を録音できるノイズキャンセル機能が搭載されています。

ノイズキャンセル機能搭載のボイスレコーダーは価格が高めですが、より決定的な証拠をつかみたい場合は選ぶ基準のひとつとして考えておきましょう。

VOR機能

浮気調査で使うボイスレコーダーは、VOR機能が搭載されたタイプがおすすめです。

VOR機能とは、一定以上の大きさの音をマイクが感知すると自動的に録音が始まり、音が小さくなると自動的に止まる機能です。

VOR機能搭載のボイスレコーダーであれば、会話がない状況では録音されないため、電池の節約にもなります。

また、VOR機能があるボイスレコーダーで長時間の録音を行った場合、長時間の音声データファイルから会話している部分を探す手間も省けます。

必要な部分だけを録音し、電池やメモリー容量の節約が可能なVOR搭載のボイスレコーダーは、浮気調査に抜群の効力を発揮するでしょう。

ボイスレコーダーはどこに設置する?

ボイスレコーダーはどこに設置する?

浮気調査によるボイスレコーダーの設置は、場所や方向がとても大切です。証拠をつかむためには、パートナーと浮気相手が会話をする場所に設置しなければ意味がありません。

ここでは、浮気調査に効果的なボイスレコーダーの設置場所を解説します。

パートナーの部屋

ボイスレコーダーは、パートナーの部屋に設置するのがおすすめです。

パートナーの部屋であれば、「誰からも見られていない」「聞かれていない」と思い込み、浮気相手と連絡している可能性が高いといえます。

クローゼットの中やベット、ソファーの下など、パートナーが気づきにくい場所にボイスレコーダーを設置してください。

設置場所によっては、浮気の証拠となる音声データを鮮明に録音できない場合があるため、バレにくく、音声を拾いやすい場所を探しましょう。浮気相手とデートの約束や肉体関係をうかがわせるような会話を録音できれば、浮気の決定的な証拠となります。

また、自分が留守の間に浮気相手を部屋に連れ込んでいる可能性もあります。その場合、会話だけでなく肉体関係の有無が分かるような音声を録音できる場合もあるため、より確実な浮気の証拠を集められます。

しかし、共に生活をする家だったとしても、パートナーの部屋はプライベートの空間です。無断で設置して会話を録音していることがバレると、プライバシーの侵害として損害賠償請求を受ける可能性があります。

大きなリスクを伴う行為のため、過度な調査は控え、探偵社のようなプロの機関に依頼するのがおすすめです。

パートナーの車内

パートナーが所有する車の中も、ボイスレコーダーを使った浮気調査としては効果的な場所です。助手席のシートの下や、ダッシュボード付近への設置を検討しましょう。

車はパートナーの部屋と同様に密室空間となるため、油断しやすく浮気相手と連絡を取っている可能性があります。

さらに、車での外出が多い場合、浮気相手を車に乗せて移動に使っているかもしれません。浮気相手との親密な会話を録音できれば、浮気の決定的な証拠になるでしょう。

ただし、設置場所によっては浮気相手との会話を鮮明に録音できない可能性があります。密室とはいえ、車内にはエンジン音や走行音が聞こえているため、浮気の証拠となる会話が雑音にかき消されてうまく録音できないこともあるでしょう。

そのため、会話以外の音が入り込みやすい車内へ設置する場合は、無駄な雑音を削除して鮮明な音声を録音できるノイズキャンセル機能搭載のボイスレコーダーの設置がおすすめです。

また、ボイスレコーダーを設置する場所によって、マイクの方向からの音を拾う「単一指向性マイク」、全方向からの音を拾う「無指向性マイク」を使い分けましょう。

浮気の証拠として認められる内容

浮気の証拠として認められる内容

ボイスレコーダーによって録音された音声は、ただ浮気相手と会話していただけでは証拠として認められません。

ここでは、浮気の証拠として認められる音声の内容について解説します。

肉体関係を伺わせる会話

肉体関係をうかがわせるような会話は、浮気の証拠として認められます。

密会しているだけの会話では浮気の証拠として不十分ですが、「昨日の夜は良かった」「また泊まりに行こう」など、肉体関係をうかがわせるような会話がないかを調査してみましょう。

あいまいな内容の会話だった場合は、証拠として不十分ですが、肉体関係をうかがわせる会話であれば証拠の一つとなります。

メールやLINEのやり取り、写真や動画とあわせて有効性の高い証拠として利用してください。

性行為や類似行為の録音

性行為や類似行為の音声の録音は、決定的な浮気の証拠となります。

自宅や車内に設置したボイスレコーダーが、パートナーと浮気相手の性行為の様子を録音していたら浮気をしていることは確実です。

特に、自宅に浮気相手を連れ込んで性行為におよんでいた場合、精神的苦痛は計り知れないものですが、離婚協議や慰謝料の請求を有利に進められる決定的な証拠となるでしょう。

しかし、浮気の証拠としては確実なものであっても、無断で設置したボイスレコーダーによって録音された音声は、違法行為として証拠として認められない可能性があります。

パートナーが浮気を認めた自白の録音

パートナーが浮気を認めた自白の音声は、紛れもなく決定的な証拠です。

パートナーと話し合う際に、浮気を自白する発言を証拠として残せるようにボイスレコーダーを使いましょう。

例えば、「ちょっとした遊びだよ」「浮気してしまった…」などの発言は浮気の証拠となります。しかし、音声を録音していない場合、「そんなことは言っていない」と言い逃れをしてくる場合もあるため、言い逃れを防ぐためにもボイスレコーダーの設置は大切です。

また、パートナーが浮気相手とする以下のような会話も浮気を認める音声として証拠になる場合があります。

  • 妻には内緒で今度会おう
  • 妻と別れて君と一緒にいたい
  • 妻よりも君のことが好きだ

このような発言は紛れもなく、浮気を認める自白です。自白は本人が浮気を認め、言い逃れすることもできない紛れもない証拠となるでしょう。

ボイスレコーダーを使用する際の注意点

ボイスレコーダーを使用する際の注意点

ボイスレコーダーを使った浮気調査には、さまざまなリスクが伴います。ここでは、ボイスレコーダーを使って浮気調査を行う際の注意点を解説します。

有用な証拠にならない可能性がある

浮気をうかがわせる会話や、肉体関係をハッキリさせるような音声をボイスレコーダーで録音できても、有用な証拠にならない可能性があります。

音声だけだと有用性が低いと判断されることがあり、画像や動画、メッセージでのやりとりなどをあわせることで証拠としての効果が発揮されます。

ただし、ボイスレコーダーを無断で設置して音声を録音した場合、プライバシー侵害など違法的な行為になり、裁判で法的な証拠として利用できないかもしれません

ボイスレコーダーによって録音された音声だけを浮気の証拠として利用するのではなく、メールやLINEのやり取り、写真や動画などさまざまな証拠を揃えて、より確実に浮気の証拠として利用しましょう。

浮気調査中だとバレることある

ボイスレコーダーの使用は、パートナーに浮気調査中だとバレることがあります。

隠したつもりのボイスレコーダーがパートナーに見つかってしまえば、浮気調査中だとバレてしまい警戒心を上げてしまいます。警戒心が上がったパートナーは、さらに浮気がバレないような行動をとってしまうかもしれません。

警戒心の高いパートナーからは、決定的な証拠を集めるのが難しくなってしまうでしょう。

また、万が一パートナーが浮気をしていなかった場合、パートナーとの関係性が悪くなり、大きなトラブルに発展することも少なくありません。

「浮気しているのでは?」という疑惑がただの勘違いだった場合、パートナーは信用されていないと思い、お互いの関係性を崩してしまう原因となってしまいます。

ボイスレコーダーを仕掛ける際は、浮気調査中だとバレないような工夫や対策が大切です。

プライバシーの侵害になることがある

ボイスレコーダーによる浮気調査は、プライバシーの侵害になることがあります。

基本的にボイスレコーダーは、パートナーに無断で設置するため、設置する場所によってはプライバシーの侵害となります。慰謝料請求のための証拠集めですが、逆に損害賠償請求される可能性があるため、注意が必要です。

自宅であれば問題が大きくなる可能性は低いですが、別居中のパートナーの家、浮気相手の家や車にボイスレコーダーを設置してしまうと、プライバシーの侵害として罪に問われてしまいます。

さらに、過度な浮気調査は違法行為とみなされ、証拠として利用できないだけではなく、さまざまなリスクが伴うため、違法な行為に抵触しない範囲で浮気調査を行ってください。

そのようなリスクを抱えて浮気調査を進めるよりも、探偵社のようなプロに依頼するほうが合法的に調査が可能です。

ボイスレコーダー以外に自分でできる浮気調査

ボイスレコーダー以外に自分でできる浮気調査

ボイスレコーダー以外にも自分でできる浮気調査には、以下のようにさまざまな種類があります。ボイスレコーダーの設置でも証拠集めが不十分という方はお試しください。

  • パートナーのスマートフォンをチェック
  • レシートやクレジットカードの利用明細から行動パターンを調査
  • SuicaやPASMOなどの交通系ICカードの履歴をチェック
  • 浮気調査アプリの使用
  • 車の走行履歴や車内の調査
  • パートナーを尾行

パートナーのスマートフォンのチェック、レシートやクレジットカードから行動パターンをチェックする方法は比較的簡単な浮気調査になるため、自分でも証拠集めが可能です。

しかし、どの調査内容でも間違いなく専門的な知識が必要になります。

浮気の事実を判断するためには、決定的な証拠がなければ離婚協議や慰謝料請求に役立ちません。専門的な知識がなければ、中途半端な証拠となってしまい、浮気を決定づけることができないでしょう。

今後の手続き等を有利に進められないだけではなく、場合によっては違法行為を行っていたとして罪に問われたり、大きなトラブルの火種になる可能性もあります。

自分で行う浮気調査は、調査範囲が限られるだけでなく、無駄な時間や労力がかかってしまいます。「証拠を早く集めて確実に解決したい」という方は、自分で浮気調査を進めるよりも、浮気調査に精通したラビット探偵社のようなプロに任せるのが安心です。

浮気調査はラビット探偵社へ!

浮気調査はラビット探偵社へ!

浮気調査は、過去10年におよぶ豊富なノウハウを持つラビット探偵社にご相談ください。

業界トップクラスのリーズナブルな調査費用ながらも、数多くの相談実績で培った調査力で集める証拠は、不倫による悩みをスムーズに解決へと導きます。

さらに、弁護士が監修する報告書が提出されるため、有用性の高い確実な証拠で慰謝料請求や離婚協議を有利に進めていけるでしょう。

浮気のトラブルは不倫した決定的な証拠がなければスムーズに解決することができませんが、浮気調査に精通したラビット探偵社への依頼で、より確実な証拠集めが可能です。

パートナーに浮気をされたとお悩みの方は、ぜひラビット探偵社へお問い合わせください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング

まとめ

この記事では、ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法や選び方、注意点について解説していきました。

ボイスレコーダーによる録音は、ボイスレコーダー本体さえ購入してしまえばできる簡単な浮気調査の方法です。販売されているボイスレコーダーの仕様を比較し、用途にあった製品を使用することで、より有用性の高い証拠が手に入るでしょう。

しかし、ボイスレコーダーによって録音された会話などの音声は、単独では離婚協議や慰謝料請求の材料として不十分な場合があります。

今後の裁判などを有利に進めていくには、ボイスレコーダーの音声にあわせて、さまざまな証拠が必要です。

多くの証拠を集められるように、浮気調査のノウハウを持ったラビット探偵社のような専門的な機関にご相談ください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら