コラム

Column

浮気調査

浮気性の特徴9選!なぜ浮気を繰り返す?直す方法はある?

浮気性の特徴9選!なぜ浮気を繰り返す?直す方法はある?

更新日:

PRが含まれています

浮気は、多くの恋愛関係において深刻な問題となることがあります。

しかし、浮気を繰り返す浮気性の人には、一体どのような特徴があるのでしょうか。また、なぜ浮気を繰り返してしまうのでしょうか。

この記事では、浮気性の特徴とその背景にある心理、さらには浮気性を改善する方法について詳しく探ります。

パートナーが浮気性で悩んでいる方、自分自身が浮気性を改善したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

浮気性とは

浮気性とは

浮気性とは、恋人や配偶者といった特定のパートナーがいるにも関わらず、何度も他の異性と関係を持ってしまう性格のことを指します。

恋愛に対する価値観や個人の成長過程、家庭環境などに影響されることが多いです。

浮気性の背後にある心理

浮気性の人は、恋愛に対する考え方や感じ方が他の人とは異なることが多いです。恋愛を軽く捉える傾向があり、一つの関係に深くコミットするのが難しいことがあります。

考え方の背景には、自己中心的な価値観や感情のコントロールが難しいという特徴が見られます。自分の欲求や感情を優先し、パートナーの感情や考えを二の次にしてしまうことが多いです。

自己中心的な考え方は、浮気症の人が浮気を繰り返す大きな原因となっています。

浮気性に共通すること

浮気性の人は、愛想がよく恋愛上手であり、人当たりの良さや魅力的な性格で、異性の興味をすぐに惹きつけることができます。また、浮気しやすい環境に身を置くことが多いです。

周囲に同じような人が多い場合、浮気のハードルが低くなることも考えられます。

飽きやすさも一つの特徴で、新しい刺激や経験を常に追い求め、新しい異性との出会いを探し続ける傾向があります。

他人の目を意識し、自分を良く見せるための努力を惜しまず、清潔感を維持しながら、性的欲求も強く持っています。

また、恋愛依存の傾向もあり、精神的に自立するのが難しく、寂しさを感じると他の人を探して空虚感を埋めようとすることがあります。

浮気性が浮気を繰り返す理由

浮気性が浮気を繰り返す理由

浮気性の人が何度も浮気を繰り返す背景には、さまざまな心理的な要因が存在します。

一般的に、浮気は社会的には許されない行為とされることが多いのですが、浮気性の人にとっては、行為に対する罪悪感が薄れていることがあるといえるでしょう。

浮気を引き起こす理由を深く理解することで、その行動パターンを変える手がかりを見つけることができるかもしれません。

ここでは、浮気性が浮気を繰り返す主な理由について詳しく紹介します。

本気ではないから問題ないと考えている

浮気性の人は、浮気が本気の恋愛ではないと考えることが多く、だからこそ浮気には問題がないと考えていることがあります。

恋人や配偶者との関係とは異なり、浮気は一時だけの楽しみであると捉えているといえるでしょう。

恋人や配偶者がどのように感じるかを深く考えず、自分自身の基準で問題がないと判断し、「一時的な関係だから大丈夫」と決めているケースも考えられるでしょう。

浮気が悪いことだとは思っていない

浮気を繰り返す理由に「浮気を悪いこと」であると考えずに、「自分の欲求を満たすための正当な手段である」と感じることが挙げられます。

恋人や配偶者の感情よりも自分の感情や欲求を最優先にしていると、特徴づけることができるでしょう。

他人の感情を顧みない自己中心的といえる考え方は、パートナーとの良い関係を構築することの妨げになる可能性が高いといえます。

後先や理性よりも欲求を優先してしまう

浮気性の人には、自分の感情や欲望を先行させてしまい、後先を考えず、理性的になれないという特徴がみられることがあります。

倫理を無視して恋人や配偶者以外の人との関係性を繰り返すことも、この特徴が関係しているといえるでしょう。

一時的な快楽を追求するあまり、長期的な関係や信頼を損なうことがあります。短絡的と言える思考は、浮気以外にも人間関係全般に悪影響を及ぼす行動を取ることが否定できません。

当てはまる人は要注意!浮気性の特徴9選

当てはまる人は要注意!浮気性の特徴9選

浮気性の人には、主に当てはまる性格や行動の特徴が見られます。特徴を知ると、浮気をする可能性があるかどうか、より高い精度で予測できるといえるでしょう。

あわせて、もしも自分自身に当てはまる部分を見つけた場合は、自己分析をして、改善をすることが可能です。

ここでは、浮気性の人に共通する9つの特徴を解説します。

友達が多い

異性でも同性でも友達が多いことは、浮気性の特徴の一つとされています。

合コンや飲み会などの誘いが多いと、異性との接触の機会が増えるため、浮気のリスクが高まる可能性があります

社交的な性格の持ち主は、人間関係の築き方に注意が必要です。異性との友情の境界を明確にすることや、パートナーに透明性を持たせることが大切です。

また、友達が多いことは、情報交換や様々な経験を共有することができるメリットもありますが、恋愛関係においては注意が必要です。

恋愛依存症

恋愛依存症の人は、一人との関係だけでは満足できず、常に新しい恋愛を求める傾向があります。恋愛を通じてしか自己肯定感を得られないため、新しい恋愛を追い求めることで欠如を補おうとする心理が働いています。

恋愛依存症の人は、短期間で多くの恋愛関係を経験することが多く、そのため浮気のリスクも高まります。

飽き性

新しいものや経験に興味を持ちやすく、既存のものに飽きやすい性格の人は、恋愛関係においても同じ傾向が見られることが多いです。

長く同じパートナーとの関係にいると、新しい刺激や経験を求めて他の異性との関係を持とうとすることが考えられます。

飽き性の人は、常に新しい刺激や経験を求めるため、趣味や興味を多岐にわたって持つことが多いです。

自分に甘く流されやすい

欲望の赴くままに行動することは、自制心の低さや自己コントロールの能力の不足を示しています。このような性格の人は、誘惑に弱く、瞬間的な感情や欲望に流されやすいです。

飲み会の席での一時的な気の迷いから、浮気をしてしまうことが考えられます。

自分に甘く流されやすい人は、自分の欲望や感情をコントロールするためのトレーニングやカウンセリングが必要となることがあります。

社交的な性格

社交的な性格の人は、多くの人との交流を楽しむため、異性との新しい関係を築く事例も少なくありません。

しかし、社交的であること自体は悪いことではなく、どのようにその性格を活かすかが重要です。

ビジネスの場での人脈作りや趣味の共有など、ポジティブな方向での活用が考えられます。しかし、異性との関係においては、その境界を明確にすることが大切です。

束縛されるのが嫌い

束縛を嫌い、自由を重視するため、恋人や配偶者との約束を破り好きなように活動することは浮気性の1つの特徴としてみられます。

この特徴がある人は、自分の自由な時間やプライベートを重視し、パートナーとの関係や約束を二の次にすることがあるでしょう。

束縛を嫌うタイプの人は、パートナーの言動が束縛に感じられる場合に、自由な関係を求めて他の異性と新しい関係を持つことを求めるようになってしまうと考えられます。

寂しがり屋

寂しさを感じやすい人が、寂しさを埋めるために異性との関係を求めることがあります。

このタイプの人は仕事や学校などが理由でパートナーとなかなか会えなかったり、連絡が取りづらかったりするときに強い寂しさを感じるといえるでしょう。

寂しさを我慢することができず、心のすきまを他の異性と過ごすことで埋めようとするのがこのタイプの人の浮気といえます。

普段から小さい嘘をつく

日常的に小さい嘘をつくことや隠し事をすることも浮気性の特徴です。浮気をしていると自分のパートナーに気づかれることなく他の異性と関係を持ち、時間を過ごすことになります。

浮気をするために自分の予定を明らかにせず嘘をつく場合がありますが、日ごろから嘘をついている人であればそのハードルは下がるといえるでしょう。

連絡がマメ

連絡がマメで、多くの人とコミュニケーションを取ることも浮気性の特徴です。

まめに連絡を取ることは、広い人間関係を築くことにとても効果があります。そのため、浮気の機会が増える傾向にあるといえるでしょう。

また親密なコミュニケーションを取ることができる人は多くの相手から好意的に感じてもらうことが多いため、さらに浮気の機会が高まると考えられます。

浮気性を直す方法

浮気性を直す方法

浮気性は、恋愛関係において深刻な問題を引き起こすことがありますが、浮気性は必ずしも治らない性格の一部ではありません。適切な対処と努力によって、改善することが可能です。

パートナーが浮気性である場合や、自分自身が浮気性であると感じる場合の改善法を紹介します。

浮気は駄目としっかり伝える

浮気性の人に対しては、浮気が許されないことを明確に伝えることが重要です。

仮に浮気に気が付いたとしても指摘せずにそのままにしてしまうと、浮気が容認されたと相手が誤解する場合もあります。

自分の気持ちや想いを、感情的にならず冷静に伝えることからスタートし、浮気は許容できないことを相手に理解してもらうことが重要なスタートあるといえます。

浮気のペナルティーを考える

浮気に対するペナルティーを設定し、ルールを明確にすることも効果的です。

夫婦間であれば、浮気が発覚した場合に離婚することや、慰謝料のルールなどを契約書のような形で書いておくことがその一例と考えられます。

ペナルティーの内容によっては書面で残しておいたとしても法律上の拘束力はあまり強くないこともありますが、ペナルティーを設けることで一定の心理的な牽制の意味合いを持たせることがあるといえるでしょう。

自分に原因があるかを考える

パートナーの浮気の原因が自分自身にある場合もあるため、相手の性格や自分の行動を振り返ってみることも重要です。

寂しさを感じやすい人に対して、あまり連絡を取らなかったり、明確な愛情表現をしていなかったりする場合、相手の浮気を誘発してしまうことがあるといえるでしょう。

相手の浮気の引き金になる行動が自分にある場合には、改善したり、話し合いをしたりすることで浮気性を直す一助になるといえます。

カウンセリングやセラピーを受ける

浮気性の背後には、深い心理的な原因や過去の経験が関与していることが多いです。

専門のカウンセラーやセラピストの助けを借りることで、自分自身の心の中にある問題点や課題を明らかにすることができます。

カウンセリングやセラピーを受けることで、自分の感情や考え方を深く探ることができ、浮気の原因となる心の傷や不安を癒す手助けとなります。

信頼関係の再構築

浮気が発覚した後、その衝撃や疑念は簡単には消えません。

しかし、関係を修復し、再び信頼関係を築くためには、お互いの気持ちや考えを正直に共有することが不可欠です。

定期的なコミュニケーションをとり、お互いの期待や不安を話し合うことで、関係の深化や理解を促進することができます。

自己反省と自己啓発

浮気性の傾向を持つ人々は、自分の行動や考え方について深く反省することが必要です。

自己啓発の本を読んだり、セミナーやワークショップに参加することで、自分の考え方や行動の背景にある原因を理解し、自分自身を成長させることができます。

また、自分の行動や考え方がどのようにパートナーに影響を与えているのかを理解することで、より良い関係を築くための手助けとなります。

浮気の証拠集めはラビット探偵社へ!

浮気の証拠集めはラビット探偵社へ!

浮気の疑いがある場合、証拠を掴んで改善のための話し合いをしたり、場合によっては慰謝料の請求を行うこととなります。

証拠を自分で集めるのは非常に困難で、時には法的な問題を引き起こす可能性があります。

  • 最近外出が多く帰りが遅い
  • 発信履歴・着信履歴・メールを消去している
  • テニス、ゴルフ、ダンスなどの習い事をやり込む
  • 急に会社の残業や付き合い、外泊が多くなった
  • ファッションなどを気にするようになった
  • 携帯を肌身離さなくなった

はっきりした証拠を、できるだけ早くかつ確実に集めたいなら、プロの探偵社への依頼がおすすめです。

ラビット探偵社は、浮気調査の経験豊富なプロフェッショナルが揃っており、確実に証拠を集めることができます。

ラビット探偵社の特徴

ラビット探偵社は、業界トップクラスの調査料金の安さを誇る探偵社です。深夜や早朝の割増料金、移動経費、報告書の作成費用、さらには弁護士との初回相談費用まで無料というサービスを提供しています。

調査の進行状況をリアルタイムで報告する高い信頼性、全国どこでも対応可能で、豊富な調査員による迅速な対応力、そして業界トップクラスの相談件数100,000人以上の実績を持つ実力を有しています。

弁護士が監修する報告書や、アフターサポートの品質も高く、クライアントの安心と信頼を得ています。

まとめ

浮気性は、個人の性格や価値観が原因であることが多く、浮気性の人には特定の特徴が見られます。この特徴を理解し、適切な対処をすることで、健全な恋愛関係を築くことが可能です。

浮気性の人との関係は困難なことも多いですが、コミュニケーションと理解を深めることで、信頼のある関係を築くことができます。

もしパートナーが浮気をしていて、話し合いやその先のステップに進むために確実な証拠を集める必要があるときには、ラビット探偵社への依頼がおすすめです。

プロフェッショナルな探偵の力を借りることで、適切な方法で確実な証拠を得ることができるといえるでしょう。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら