コラム

Column

浮気調査

夫の浮気サイン10選!怪しい時に妻が取るべき行動は?

夫の浮気サイン10選!怪しい時に妻が取るべき行動は?

更新日:

PRが含まれています

信頼して結婚する夫婦ですが、夫が外にいる時間が長かったり、他の女性と親密に話している姿を見ると、浮気の心配をしてしまうこともあります。

しかし、見当違いなことでやきもきするのも大変なため、浮気している夫がよくする浮気のサインや、浮気の確認方法を覚えておくのがおすすめです。

旦那が浮気してしまった際の対処方法や心構えを知っておけば、夫婦仲の回復や、離婚する際の準備に向けた行動がスムーズに取れるようになります。

この記事では、浮気している夫が見せるサインや、浮気サインが多いときに妻が取るべき行動について詳しく紹介します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

要注意!夫が見せる浮気サイン10選

要注意!夫が見せる浮気サイン10選

ここでは、夫が浮気した時に取りがちな行動や生活の変化の中で、よくある浮気サインを10個紹介します。同じ行動をとっているからといって必ず浮気しているわけではありませんが、急な変化があった場合は要注意です。

急に残業や出張が増える

普段は定時通りに帰ってきていたのに、急に残業や出張を理由に家に帰るのが遅くなったり、帰ってこなくなったりしたら浮気の可能性があります。会社にも繁忙期があるので本当かもしれませんが、実は嘘をついて裏では浮気相手と会っていたというケースも珍しくありません。

他にもオフィスに灯りがついていなかったり、会社に確認を取った際に出張している事実がなかったりした場合は浮気の可能性が高いです。残業や出張は調べればすぐ分かるため、不自然に回数が多くなってきたら会社に確認を取ってみるとよいでしょう。

スマホを常に持ち運ぶ

いつもは家に帰ってきたらスマホを置いていたのに、常に持ち運ぶようになった場合は浮気の疑いが強まります。仕事が忙しく家でも連絡を待っている場合もありますが、仕事の素振りも見せない場合は怪しい行動です。

他にもスマホの画面を下にして置くようになった場合は、浮気相手からの通知を隠そうとしているのかもしれません。普段はあまりスマホを持ち歩かないような夫の場合は、さらに要注意です。

匂いを気にする

夫が突然洋服や髪の毛の匂いを気にしたり、香水を使い始めるようになったりするのも浮気のサインです。エチケットとして口臭や体臭、食後の匂いなどを気にする程度であればよくあることですが、良い香りが出るように意識している場合は浮気かもしれません。

香水を使い出した場合は、他の女性の気を引こうとしている可能性も高くなります。消臭だけでなく香り付けまで行うようになったら怪しさ倍増です。

車内がきれい

普段夫が車に乗って出勤や外出をしているケースでは、車内がきれいすぎる場合も要注意です。車で浮気相手を乗せた際に、髪の毛が車内に残る可能性があるため、証拠を隠すために念入りに掃除している可能性があります。

また、フレグランスやエアフレッシュナーなどを使うようになったら、浮気相手の香水の匂いを隠そうとしている可能性もあるでしょう。特に普段は掃除もせず、整理整頓が苦手な夫の場合は車の中だけがきれいなのは怪しい行動です。

セックスの回数が減る

セックスの回数が減ったり、断られるようになったりした場合はすでに浮気されているかもしれません。セックスレスの可能性も考えられますが、浮気相手と肉体関係を持っているのが理由で回数が減っている可能性もあります。

妙にコミュニケーションを避けるようになったり、普段は使わないような若者言葉を使うようになったりした場合も要注意です。何かしら行動が急に変化するのは理由がどこかにあるはずなので、細かな変化でも見逃さないようにしましょう。

服装や下着を気にする

基本的に男性が30歳以降になるとファッションの好みはあまり変わらなくなると言われています。また、変化を好まない男性も多いため、突然服装や下着を気にしだすのは浮気のサインかもしれません。

財布やバッグ、小物などの趣味が変わった場合も、浮気相手の女性に影響している可能性が考えられます。浮気相手に服装を褒められて浮かれているケースもあるため、急なファッションの変化は怪しい行動のひとつです。

帰宅後すぐにお風呂へ入る

夫が帰宅後にお風呂に直行する場合も浮気している可能性があります。帰宅後にお風呂に入るのは普通のことだと感じますが、何も言わずにお風呂に直行する場合は、浮気相手の匂いを洗い流そうとしているのかもしれません。

帰ってきた際に、そのままの状態で妻との接触を避けるために起こしている行動とも取れるので、何か他に浮気のサインを出していないか確認してみましょう。

ダイエットや筋トレを始める

普段はズボラであまり運動もしてこなかった夫が、ダイエットや筋トレを始めだしたら浮気の危険度が高まります。おしゃれと同じように浮気相手に少しでもよく見てもらえるようにしている可能性があるため、それとなく運動の理由を聞いてみるのもいいでしょう。

ボロを出すかは分かりませんが、返答に焦ったり、つじつまが合わなかったりするような回答の場合は非常に怪しい受け答えです。健康や新しくスポーツに挑戦しようとしている可能性もありますが。それらが本当のことなのか見極める必要があるでしょう。

急に優しくなる

急に態度が柔らかくなったり、家族サービスが増えたりと、夫が優しい行動をとるようになった場合も要注意です。浮気している後ろめたさを家族サービスで紛らわしたり、浮気していることを気取らせないようにしたりしている可能性があります。

逆に距離感を出す場合もありますが、夫の性格や心情によって変化するため、いつもとは違う接し方をしてきたら裏があると思った方がいいでしょう。夫を疑うのは裏切り行為だと感じる かもしれませんが、夫が浮気している可能性もゼロではないため、騙されないためにも警戒は必要です。

ひとりで外に出る機会が多くなった

夫がひとりで外に出る機会が増えた際も浮気の予兆かもしれません。コンビニや散歩に行くなどと言って出て行った場合も、浮気相手と連絡を取り合っている可能性も考えられます。

また、外に出て行くためにタバコを吸う本数が増えたり、帰りが遅くなったりするのも怪しいポイントです。

特に、あまり外に出る機会が少なかった夫が外に出るようになった場合は注意した方がいいでしょう。もしかすると他に家に帰りたくない理由があるかもしれないため、夫に優しく接してみるなど家でリラックスできるようにして様子をみるのもいいでしょう。

夫の浮気サインが多い時に妻が取るべき行動

夫の浮気サインが多い時に妻が取るべき行動

ここでは、夫の浮気サインが多く、浮気している可能性が高いと感じた時に取るべき5つの行動を紹介します。うまくいけば浮気しているかしていないか明確にできると同時に、浮気していた場合の証拠集めにも役立つでしょう。

クレジットカードの利用明細を確認

夫がクレジットカードを利用しているのであれば、利用明細を確認することで浮気の証拠になるホテルの利用履歴や、ホテル街の飲食店の明細などが見つかるかもしれません。また、2人分の料金を支払った映画館や遊園地などのチケット代も、浮気の可能性がある証拠です。

夫がクレジットカードを利用していない場合は、ゴミ箱やポケットの中にあるレシートが証拠になる場合もあるため、チェックしてみるといいでしょう。特にラブホテルの利用履歴は浮気の決定的な証拠としても扱われます。

電子マネーの利用履歴から浮気が発覚するケースもあるため、何にお金を使ったのかわかる情報は慰謝料請求する際の証拠にも有効です。

車内を調べる

夫の車内にも浮気の可能性のある証拠が見つかるケースがあります。

髪の毛や香水の匂い、ゴミ箱の中にある避妊具、見慣れないレシートや女性向けのアクセサリーなどが落ちている可能性もあるでしょう。

また、カーナビの移動履歴にラブホテルや浮気相手の家に行っていたデータが残っているかもしれません。男性同士や、ひとりでは行くことのないであろう場所も浮気している可能性を高めます。

カーナビの履歴は削除されがちですが、落し物などは意外と見落とす可能性が高いため、車内を調べるのも浮気の証拠を集めるのに効果的です。


泳がせるか釘を刺すか決める

夫が浮気している可能性がある場合は、泳がせてみるか釘を刺すかはっきりさせるのも大切です。夫を泳がせる場合は、浮気の証拠を集めやすくなりますが、浮気を傍観するのは精神的にも大きな負担がかかります。

釘を刺す場合は、夫が浮気をやめる可能性もありますが、言い逃れされてしまう可能性もあります。どちらが正しいかの答えはありませんが、一度でも浮気したのが許せない方は泳がせて確実な証拠を集めた方がいいでしょう。

確実な証拠もないのに浮気を責めても、慰謝料請求を認めてもらえない可能性があります。

スキンシップを取った時の反応を見る

スキンシップを取る際に、夫が嫌がる素振りを見せたら浮気の可能性があります。浮気していることに罪悪感を感じている夫は、距離を取るような行動をしてしまいがちです。

浮気相手に出会う前後は焦りも出やすいので、抱きついたり手をつないだりするスキンシップをとって反応を見るのも手段のひとつです。スキンシップしてみていつもよりも夫がぎこちない様子の場合は、浮気を警戒した方がよいでしょう。

本人は気づいていなくても、浮気している当事者は何かいつもと違う行動をとってしまいがちです。

遠回しな聞き方で浮気確認してみる

夫に遠回しな言い方で浮気してないか聞いてみるのも効果的な手段です。直接浮気していないか尋ねてしまうと、誤解だった場合に夫を傷つけてしまうかもしれません。

「友達から夫が浮気されてないか聞かれた」、「女女の人と歩いているのを見かけた」など、遠回しな言い方をするのがおすすめです。

浮気という単語を聞いて夫が焦ったり、口ごもったりするようであれば浮気している可能性も高いと言えます。浮気が誤解であれば、慌てず切り返しができるでしょう。

探偵社へ浮気調査を依頼する

浮気のサインが多く、浮気調査で事実確認を行って離婚を考えたいと考えているのであれば、探偵社へ脇調査を依頼するのがおすすめです。

尾行や張り込みなどを行う浮気調査は、素人が行うと夫にバレてしまったり、プライバシーの侵害をしたと逆に訴えられたりしてしまうかもしれません。

プロが浮気調査する探偵社であれば、尾行や張り込みなども認められているため、トラブルを起こさずに浮気の証拠集めをしてもらえます。

また、決定的な証拠も得やすいため夫の浮気をはっきりさせたいときにも役立ちます。


夫の浮気が確定した後に妻が取るべき行動

夫の浮気が確定した後に妻が取るべき行動

ここでは、夫の浮気が確定した場合に妻が取るべき6つの行動をそれぞれ解説します。

浮気されて悲しみや怒りがこみ上げてくると思いますが、感情に流されず適切な行動を取るように心がけましょう。

冷静になり浮気の原因を考える

夫の浮気が確定した場合は、まず冷静になってなぜ夫が浮気したのか原因を考えることから始めましょう。感情的に問い詰めてしまうと、夫もやけになってお互いに憎悪や嫌悪を持つようになってしまいます。

また、妻側の浪費癖や夫への接し方が悪かったなどが原因になるケースもあります。 もし自分にも悪いところがあれば素直に謝り、同じことを繰り返さないように話し合うのも忘れてはいけません。

もちろん全面的に夫が悪い場合もあるため、離婚すべきかどうかも含めて慎重に考えるようにしましょう。

家族や友達、カウンセラーに相談

冷静な判断ができないと思ったら、友達や家族、カウンセラーに相談するのも一つの方法です。ひとりだとマイナスなことばかり考えてしまうため、誰かに相談してみるだけでも気持ちが落ち着きます。

家族や友達に知られたくない方は、夫婦間の問題を扱う夫婦カウンセラーや、弁護士に相談してみるのもおすすめです。また、プロからは専門的な観点からアドバイスがもらえるため、今後どのように動けばいいのか考える参考になります。

今後どうするかを話し合う

お互いが今後どうしていきたいのか話し合うことも大切です。夫が浮気のことを深く反省してやり直しを考える場合もあるため、お互いの気持ちを正直に打ち明けましょう。

どちらにしても感情的に行動してしまわないように注意して、冷静な頭で今後のことを考えていきましょう。また、話し合いを行う際は怒らないようにするのも大切です。

裏切られたという気持ちもあるため感情を抑えるのは難しいかもしれませんが、冷静な判断ができないと正常な判断ができません。

浮気相手との関係を解消させる

離婚するかどうか決める前に、浮気相手と夫との関係を解消させたい場合は、契約書や示談書、和解書など文章に残して約束させましょう。約束を破った場合に違約金を支払わせるよう取り決めておけば、同じ相手との浮気の再発防止にもなります。

口約束だけでは言い逃れされてしまう可能性もあるため、文章を残すことをおすすめします。インターネット上に契約書のテンプレートがあるので、夫婦の話し合いを行う際にも使用できます。

慰謝料を請求するために証拠を集める

浮気が発覚し、夫が許せず慰謝料を請求するのであれば話し合いを行う前に浮気の証拠を集めるのが重要です。たとえ夫が浮気していることが事実であっても、決定的な証拠がなければ慰謝料請求や離婚が認めてもらえない可能性があります。

また、夫が言い逃れしようとする場合もあるため、決定的な証拠を持っておけば有利に話を進めることもできるでしょう。しかし、証拠を集めるのにあまり大胆なことをしすぎると警戒されるため、探偵社に依頼することを検討するのがおすすめです。


示談にすべきか裁判をすべきか決める

証拠が集まったら、夫との示談にすべきか裁判にすべきか考えます。基本的には夫と話し合い、慰謝料の支払いなどについて取り決めます。もし、夫が相場よりも大きく下回る慰謝料にしようとしたり、浮気を認めないなどしたりした場合は裁判も検討した方がよいでしょう。

夫婦での話し合いを行う際は弁護士に依頼してサポートしてもらうようにしましょう。お金が関係する話は、法律の観点から的確な意見をくれるプロ 間に入れた方が効率的です。

浮気の証拠集めはラビット探偵社がおすすめ!

浮気の証拠集めはラビット探偵社がおすすめ!

浮気の決定的な証拠を集めるためには、通話履歴やメッセージのやり取り、カードの利用履歴 などだけでは不十分な場合があります。

しかし、浮気している証拠を見つけるために尾行や張り込みをするのにも時間が必要になるため、一人で行うのはあまり現実的ではありません。

浮気調査に特化したラビット探偵社では、証拠集めや慰謝料請求にも効果のある弁護士監修の報告書の作成をしています。

24時間対応で即日調査にも対応しているので、いつでもお気軽にご相談ください。

まとめ

夫が浮気している可能性がある、または浮気した際の妻が取るべき行動について解説しました。証拠集めは個人で行えるものもありますが、探偵社に依頼した方がスムーズかつ夫に気づかれずに決定的な証拠が集められます。

夫の離婚を許すか許さないかで必要なことも異なりますが、感情的にならないよう注意して、冷静に夫との今後を考えるようにしましょう。

浮気はパートナーを裏切る行為です。しかし、コミュニケーション不足や家庭の問題が理由になる場合もあるため、夫が離婚した理由を把握するとともに、夫婦を続けるのかどうかも含めて慎重に判断するようにしてください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら