コラム

Column

浮気調査

LINEで浮気調査をする方法とは?証拠の見つけ方や注意点を紹介

LINEで浮気調査をする方法とは?証拠の見つけ方や注意点を紹介

更新日:

PRが含まれています

スマホやパソコンで浮気の証拠を探る際、LINEは重要な手掛かりとなるツールです。

LINEは、浮気相手の表示名変更やトーク履歴の削除、ブロックなどの方法を駆使して浮気を隠すことができる一方で、スマホのパスコードや通知画面、未読メッセージなどのチェックによって、浮気の兆候や有無を見抜くことが可能です。

しかし、浮気調査にはリスクや法的な問題も存在します。パートナーへのバレや違法行為、証拠不足などのリスクに留意しながら、慎重に行動することが求められます。この記事ではLINEを使用した浮気調査の方法と証拠を見つけるためのポイント、注意点について詳しく紹介します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

LINEが浮気に利用される理由

LINEが浮気に利用される理由

LINEが浮気に利用される理由にはさまざまな要素があります。手軽に連絡先を交換でき、無料で使えることも理由になりますが、便利さと機能性が一因です。

LINEを利用することで浮気を隠すための手立てを取ることもできます。ここでは、LINEが浮気に利用される理由を紹介します。

浮気相手の表示名を変えられる

LINEには、表示される名前を変えることができる機能があります。浮気相手の表示名を変更することで、相手の本名や関係を隠し、パートナーに浮気の疑いをかけられる心配が減るといえるでしょう。

仮にLINEの通知画面をパートナーに見られたとしても、同性の名前や会社の同僚、友人の名前が表示されていると疑われるリスクを避けることができます。

LINEの表示名変更機能を活用すると、浮気行為の隠蔽が可能になるといえるでしょう。

トーク履歴が一括削除できる

LINEでは、トーク履歴を一括で削除する機能があります。浮気の証拠を消すのには便利です。

メールでのやり取りの場合、相手から受け取ったメールや自分で送信したメールのすべてを一度に削除することができない場合があります。パートナーに履歴を見られた場合に削除されず残っているメールがあれば、そこから浮気の可能性を疑われるリスクにつながるでしょう。

LINEの履歴一括削除を利用すると全てのやり取りを一度に削除できるため、見つかるリスクを下げることができます。

浮気相手をブロックできる

LINEには相手をブロックできる機能があります。

浮気相手との関係を清算したいときはもちろんですが、パートナーにスマホを見られる可能性が高いときに浮気相手からのメッセージや受信通知を受け取らなくすることが可能です。

パートナーに浮気を疑われているときに、浮気の痕跡を見せずに行動するためには、ブロック機能が重宝されています。

気軽に連絡先交換ができる

LINEは気軽に連絡先を交換できます。QRコードやIDの交換などの簡単な手続きで、相手と連絡先を交換することが可能です。

食事会や飲み会といった場でも、話の腰を折ることなく連絡先の交換が可能であるため、気になった相手とその後やり取りを継続することへのハードルが下がっているといえます。

この利便性が、浮気をしやすくする一因となっています。

浮気相手を非表示にできる

LINEでは、任意の相手を非表示にすることもできます。友達リストから浮気相手を非表示にすることで、他の人に見られず連絡を取り合えるため、浮気行為を隠蔽するのに都合がいいのでしょう。

スマホの画面上に出るメッセージ受信通知や、日常的に受信するメッセージの増加などをきっかけに浮気が露呈することがあります。

しかし、LINEでは非表示という方法でパートナーにやり取りを感づかせないことが可能であるため、注意が必要です。

LINEで浮気調査する方法

LINEで浮気調査する方法

LINEで浮気調査をする方法には、いくつかのポイントがあります。

パートナーの行動やトーク履歴、通知画面などをチェックすることで、浮気の兆候を探ることが可能です。ここでは、LINEで浮気調査をする方法を紹介します。

LINEしている時の動作に変化があるか確認

LINEを操作しているパートナーの動作に変化があるか確認しましょう。急に慌てたり、スマホを隠したりするような変化があれば、浮気の兆候があるかもしれません。

特に会話中に緊急性のないことであっても、不自然な反応が見られる場合には要注意です。行動パターンに注目し、不自然な動きがないか見極めましょう。

スマホのパスコードが変わっていないか確認

パートナーのスマホのパスコードが変更されていないか確認しましょう。急にパスコードが変わっている場合、何かを隠している可能性があります。

特に浮気行為を続けている場合には、パスコードの変更は浮気を隠すための一手段となることがあります。パスコードの変更に注意することで、浮気の可能性を見逃さずにすむかもしれません。

スマホの通知画面を確認

スマホの通知画面を確認することも重要です。他の人とのやりとりや怪しい通知が表示されている場合、浮気の兆候かもしれません。

特に特定の相手からのメッセージが頻繁に届く場合には要注意で、深い関係性が生まれている可能性があるといえるでしょう。

非表示になっている友達がいないか確認

パートナーの友達リストに、非表示になっている人がいないか確認しましょう。非表示になっている友達がいる場合、隠れた浮気相手がいる可能性があります。

特にパートナーとの関係に疑念を抱いている場合には、友達リストをチェックすることが調査のきっかけとなる可能性があるといえるでしょう。

通知オフになっている友達がいないか確認

パートナーの友達リストに、通知がオフになっている友達がいないか確認しましょう。通知がオフになっている友達がいる場合、浮気相手とのやりとりを隠している可能性があります。

メッセージ受信時に名前が出ることで、特定の相手と頻繁にやり取りをしていることが明らかになるのを防ごうとしている可能性が考えられます。

トークルームを確認

パートナーのトークルームを確認しましょう。浮気相手とのやりとりがあるかどうか、特定の人と頻繁なやりとりがあるかどうかを注意深く確認します。

特定のトークルームを利用して浮気相手とやり取りをすることで、直接のやり取りを避け、浮気相手の存在を隠している可能性があります。

トークルームを活用していることが分かった場合には、その中身を詳しく見ることで浮気の有無をはっきりさせるきっかけになるかもしれません。

スタンプの購入履歴を確認

パートナーのスタンプの購入履歴を確認することも有効です。怪しいスタンプの使用履歴がある場合、浮気相手との関係が疑われます。

特定の相手と共通のスタンプを頻繁に使っていたり、これまでスタンプを購入することがなかったのに、突然購入するようになったり、不自然な行動が見られるときは注意が必要です。

LINE自体にロックがかかっていないか確認

パートナーのLINE自体にロックがかかっていないか確認しましょう。ロックがかかっている場合、他の人がLINEを利用できないため、浮気行為を隠す手段として活用されている可能性があります。

削除されたトークがないか確認

パートナーのLINE上で削除されたトークがないか確認しましょう。急にトークが消えていた場合、何かを隠している可能性があります。

浮気の痕跡を消すためにトークを削除することはよくある手法です。削除されたトークがないかを注意深くチェックしましょう。

未読メッセージを確認

パートナーのLINE上に未読のメッセージがあるか確認しましょう。未読メッセージが多くある場合、他の人とのやりとりが頻繁に行われている可能性があります。

特定の相手からの未読メッセージが多い場合には、浮気の兆候かもしれません。これは、パートナーの前でメッセージを見ることができない心理が働いている可能性があるためです。

未読メッセージを注意深く確認することで、浮気の可能性を見つけられるでしょう。

LINEで浮気調査をする際のリスク

LINEで浮気調査をする際のリスク

LINEで浮気調査を行う際には、いくつかのリスクが存在します。浮気調査は感情的な問題であり、注意が必要です。

ここではLINEで浮気調査をする際に考慮すべきリスクを紹介します。

パートナーにバレる

パートナーのスマホをチェックする必要があるLINEでの浮気調査は、パートナーに浮気を疑っていることがバレてしまうリスクがあります。

行動が見つかった場合、信頼関係が揺らぎ関係がこじれる可能性も高いです。慎重な行動と情報の取り扱いに注意し、パートナーとの信頼を失わないようにしましょう。

違法行為になる

許可なくパートナーのスマホを見ることや、LINEのやり取りを見ることは、プライバシーの侵害などの法的な問題に関わる可能性があります。

相手のメッセージを勝手に開封する行為や、他人のスマートフォンに不正にアクセスする行為は違法行為と定められているためです。

自分で浮気の調査をしようとする場合や、証拠を押さえようとする場合には無理をせず、違法行為に問われない範囲で進めることが推奨されます。

決定的な証拠にならない

LINEでの浮気調査は、決定的な証拠を得ることが難しい場合があります。相手がトーク履歴を削除することで簡単に証拠を隠すことができるためです。

また、スタンプや絵文字などのやり取りが中心である場合、内容をどのようにでも受け取ることができるため、履歴が残っている場合でも決定的な証拠として認められないことがあります。

パートナーとの関係がこじれる

他人のスマホを勝手に見る行為は違法行為とみなされます。スマホやLINEの履歴を見せてほしいとダイレクトに許可を求めたとしても、浮気を疑っていることが知られる可能性が高いです。

いずれにしても浮気の疑いをかけられたことで、相手が不信感や不快感を抱くでしょう。疑惑が晴れないまま関係が悪化し、信頼関係が崩れる可能性も否定できません。

損害賠償請求される

浮気調査中に法的トラブルが発生し、損害賠償請求を受ける可能性があります。プライバシーの侵害やストーカー行為とみなされる場合、相手からの法的措置も起こり得ることです。

浮気調査を行う際には、法律を遵守し、相手の権利を尊重することが重要です。


LINEで浮気調査する際の注意点

LINEで浮気調査する際の注意点

LINEで浮気調査を行う際には、いくつかの注意点を押さえておくことが重要です。浮気調査はプライバシーの侵害や法的な問題に関わる可能性があり、慎重な行動が求められます。

ここでは、主な注意点を詳しく紹介します。

バックグラウンドアプリ

LINEで浮気調査をする際には、パートナーに調査していることが知られてしまうことがあります。それは、スマホのバックグラウンドアプリが影響するためです。

通常、スマホはアプリを起動したままでなくても、バックグラウンドで通信を続ける機能があります。この機能があることで、使いたいアプリをスムーズに起動できます。

しかし、バックグラウンド表示をすると直近に使用したアプリが一番上に表示されます。

パートナーがLINE以外のアプリを使用した後にスマホを見ると、あなたがLINEを操作したことを知られてしまう可能性があるため注意が必要です。

のぞき見防止アプリ

パートナーのスマホに、のぞき見防止アプリがインストールされていないか確認しましょう。のぞき見防止アプリは、文字通りスマホののぞき見を防ぐためのアプリです。

アプリがインストールされている場合、無断でスマホを操作しようとすると、以下のような機能が作動します。

  • 操作している人の顔を撮影する
  • 決められた場所をタップするまで警告を続ける
  • ロック解除の試行を記録する

用心深い人の場合、のぞき見防止アプリを利用している可能性が高いです。

パートナーのスマホにのぞき見防止アプリが存在する場合、無断で操作を行ったことが明らかになり、言い逃れができなくなるため注意が必要です。

未読メッセージには既読をつけない

LINEで浮気の証拠を探す際に気を付ける必要があるのは、メッセージを既読にしてしまうことです。新着メッセージを既読にしてしまうと、LINEを見たことに気付かれてしまいます。

既読をつけずにメッセージを見る方法は以下の2通りです。

トークルームを軽く押し込む方法

iPhone6S以降のスマートフォンで有効な方法です。トーク一覧画面で確認したいトークルームを軽く押し込むだけで、既読にならずに未読メッセージを確認できます。

注意点として、軽く押し込むことが重要です。強く押しすぎると通常のトークルームが開かれ、既読がついてしまうので注意しましょう。

機内モードをオンにする方法

既読をつけずに新着メッセージを確認するもう一つの方法は、機内モードをオンにすることです。機内モードにすると、電波を発信しないため相手に既読の通知が届きません。

メッセージを確認してからLINEを終了させても、既読がつくことはありません。

パスコードの入力ミスは2回まで

パートナーのスマホにパスコードがかけられている場合は、入力ミスができるのは2回までです。それ以上はロックがかかってしまい、スマホを無断で見ようとしたことが知られてしまいます。

浮気調査はラビット探偵社におまかせ!

浮気調査はラビット探偵社におまかせ!

浮気調査は専門の探偵社に依頼することで、効果的かつ安心して行うことができます。

ラビット探偵社は、長年にわたる豊富な経験と専門知識を持つ探偵が在籍しており、プライバシーを尊重しながら浮気調査を行います。慎重かつ確実に証拠となる情報収集により、お客様の要求を満たす調査に定評があります。

浮気調査は個人で行うことが難しく、情報の収集や監視など専門的な技術と知識が必要です。当社はそのような専門的な業務に長年携わってきた信頼できるパートナーとなります。プロの探偵が調査を行うことで、証拠を適切に取得し、法的手続きに活用することも可能です。

浮気調査では感情的にならず、客観的かつ冷静な視点が求められます。当社の専門知識と経験に基づくアドバイスやサポートは、お客様にとって心強い味方となるでしょう。浮気調査をプロに任せることで、お客様自身の心身の負担を軽減することもできます。

パートナーの浮気調査をしたいと考えている方は、ぜひこの機会にお気軽にご相談ください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング

まとめ

LINEを利用した浮気調査は、パートナーの浮気を確かめる手段の一つです。手軽に連絡先を交換でき、状況に応じて表示名を偽ったり、メッセージ履歴を削除して浮気の事実を隠すこともできます。

LINEで浮気調査をするためには、相手とのトークや通知、表示名の設定やスタンプの購入履歴などを見ることで証拠を集めることが可能です。その一方で、パートナーに調査していることがバレる、違法行為になる可能性や、決定的な証拠の不足、関係の悪化、損害賠償請求などのリスクが考えられます。

リスクを軽減してより決定的な証拠を収集するために、プロへの依頼も有効です。素人判断で無理をしてしまうよりも専門知識を持つ探偵社などへお任せしてしまうことも推奨されます。

「浮気の証拠を掴みたい」「浮気しているか知りたい」「浮気調査をプロに任せたい」と考えている方は、ぜひこの機会にラビット探偵社へご相談ください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら