コラム

Column

浮気調査

LINEだけの関係で浮気の慰謝料請求はできる?証拠集めのポイントと注意点

LINEだけの関係で浮気の慰謝料請求はできる?証拠集めのポイントと注意点

更新日:

PRが含まれています

配偶者の不倫は離婚原因として認められ、慰謝料を請求できます。しかし、浮気を疑う証拠がLINEでのやり取りだけの場合はどうなのでしょうか?

LINEは、電話番号やIDを交換するだけで簡単にやり取りできる便利なSNSであるため、浮気相手との連絡手段として用いられることも多いです。

LINEから配偶者が浮気しているという痕跡を見つけたものの、これだけで慰謝料請求できる証拠になるのかと不安に感じている方も多いでしょう。

この記事では、LINEだけの関係で慰謝料を請求できるケース、浮気の証拠として有効なやり取りの内容、証拠を集める際のポイントなどを詳しく紹介します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

浮気・不倫で慰謝料請求ができる基準って?

浮気・不倫で慰謝料請求ができる基準って?

婚姻関係にある配偶者が不倫をした場合、不倫をした配偶者または不倫相手に慰謝料を請求できます。これは、不倫が婚姻関係を壊すものであると認められているからです。

ここでは、離婚原因・慰謝料請求の基準となる不貞行為について詳しく紹介します。

離婚原因となる不貞行為

離婚原因となる不貞行為を成立させるためには、配偶者以外の第三者と肉体関係があるか否かが重要です。

例えば、キスをしている、抱き合っている、手を繋いでデートしているという行為は不法行為ではありますが、離婚原因となる不貞行為には該当しません。

不貞行為のボーダーラインは肉体関係の有無であり、相手方の自由な意志に基づくものであるか否かは問わないとされています。

慰謝料請求となる不貞行為

離婚原因となる不貞行為は肉体関係の有無を指しますが、慰謝料請求の原因となる不貞行為にはここまで厳しい条件はありません。

慰謝料は精神的苦痛を感じたときに請求できるため、配偶者が隠れて第三者とデートした、キスをしている現場を目撃したなどでも慰謝料を請求できます。

過去の判例でも、「継続的な肉体関係がなくても婚姻生活の平和を毀損するものであれば違法性を有する」という判決が出ています。


LINE・メールだけの関係で浮気の慰謝料請求はできる?

LINE・メールだけの関係で浮気の慰謝料請求はできる?

配偶者の怪しいやり取りを目撃してしまった場合、証拠がLINEだけでも慰謝料は請求できるのでしょうか。

LINEだけの関係で浮気と断定することは難しい

結論からいうと、LINEだけの関係で慰謝料を請求するのは難しいです。

例えば、配偶者が「昨夜は楽しかったね!」と送り、相手から「ありがとう!愛してるよ!」という返事がきていたとします。

一見すると、このやり取りだけで浮気をしている可能性は高いように感じますが、これだけで確実に肉体関係があるとは判断できません。

また、「気持ちよかった」「激しかったね」など、肉体関係を思わせるようなメッセージが仮にあっても、簡単に言い逃れできるため不貞行為の証拠としては弱くなります。

法律上の不貞行為の定義は、肉体関係の有無です。LINEだけの関係で肉体関係の有無を判断するのが困難であるため、慰謝料請求も難しいというわけです。

肉体関係があったと分かる内容であれば可能なケースも

LINEだけの関係で浮気と断定することは難しいものの、確実に肉体関係があったと分かる内容であれば有効な証拠になる可能性があります。

例えば、以下のようなやり取りが一例として挙げられます。

  • 「次のエッチでは私がリードしたい」
  • 「次の旅行は熱海に行きたい」
  • 「昨日のホテル良かったからまた行きたいね」

これらのメッセージは、確実に肉体関係があったと分かる、または容易に推認できるため、有効な証拠にできる可能性が高いです。

とはいえ、やはりLINEだけの関係では、「冗談で言い合っていた」「カップルの真似をしていた」などで言い逃れできる可能性はあります。

確実な浮気の証拠という意味では、やはりLINEだけでは弱いと言わざるを得ません。

肉体関係がなくても慰謝料請求できる場合もある

配偶者と浮気相手の関係が不法行為と認められれば、肉体関係の有無が不明でも慰謝料を請求できる可能性があります。

慰謝料は不法行為で受けた精神的苦痛に対する損害賠償金であるため、肉体関係がなくても、夫婦関係を破綻させる原因であることを立証できれば慰謝料請求が認められます。

婚姻生活の平和を維持する権利は法律で守られています。

仮に肉体関係の証拠がなくても、社会通念上許容される範囲を超えて親密な関係を築いていると思われるやり取りがあれば、慰謝料を請求できる場合もあります。


浮気や不倫の慰謝料の金額相場

浮気や不倫の慰謝料の金額相場

LINEだけの関係でも、確実に肉体関係があったと分かる内容を見つけた場合や精神的苦痛を受けた場合は、慰謝料の請求が認められる可能性があります。

一般的に、肉体関係がある不倫では50~300万円が慰謝料の相場です。肉体関係がない、または証拠がない場合は多くても100万円程度であり、50万円を下回ることもあります。

しかし、浮気や不倫の慰謝料は肉体関係の有無だけではなく、婚姻期間、発覚後の態度、夫婦関係がどうなったかなど、さまざまな要素を加味して金額が決められます。

明確に決められた計算式や相場は決まっていないため、具体的な金額については弁護士に相談してみることをおすすめします。

LINEで浮気の証拠を集める際のポイント

LINEで浮気の証拠を集める際のポイント

LINEのトーク画面やポップアップ画面で浮気と思われるメッセージを見つけた場合、次に重要になるのが証拠を集めることです。

前述の通り、確実に肉体関係があると思われる内容であれば、LINEのメッセージだけでも慰謝料請求の際に有効な証拠となります。

ここでは、LINEで浮気の証拠を集める際のポイントを紹介します。

自分のスマホで撮影する

浮気の証拠になり得るメッセージは、スクショではなく自分のスマホで撮影してください。なぜなら、スクショは簡単に偽造できるため証拠としての価値が低いからです。

LINEのやり取りは写真、もしくは動画で撮影することを推奨します。

証拠を突きつけた際に、「偽造されている」「加工されている」という言い訳ができないようにするためにも、自分のスマホで撮影することが重要です。

決定的な部分だけではなく前後の内容も撮影する

LINEのやり取りを撮影する際は、浮気の証拠といえる決定的な部分だけではなく、前後の内容も合わせて撮影するようにしてください。

例えば、「昨日のあなたの腰の動きは凄かった」というメッセージが届いていたとします。

確かにこのトークは肉体関係を証明する決定的な部分ですが、前後の内容が抜けていると「ゴルフの話だよ」と誤魔化される可能性があります。

しかし、その前に「今日はこのホテルを予約したよ」という内容があれば、前後の内容から考えてこのトークが肉体関係を示唆しているものだと証明できます。

浮気調査をしている段階で冷静になるのは難しいかもしれませんが、後で言い逃れできる要素を残さないためにも、前後の内容は必ず撮影することが重要です。

誰のスマホか分かるように撮影する

撮影した写真にLINEのトーク画面しか映っていない場合、そのスマホの持ち主が誰なのかを証明できません。

そのため、必ずスマホの持ち主が誰か分かるように撮影してください。

例えば、LINEのアイコンやプロフィール、スマホのボディ全体やスマホケースなど、持ち主の特定に使えそうな部分は動画で撮影しておきましょう。

LINEのトーク画面しか映っていなくて持ち主の特定ができない場合、「このスマホは俺のではない!」と言い訳される可能性があります。

日時・送信者が分かるように撮影する

LINEのやり取りを撮影する際は、送受信日時や送信者が分かるように撮影してください。

送受信日時は浮気が行われた日時、送信者は浮気相手の特定につながります。誰といつやり取りしていたのかは、きちんと把握できるように撮影することを推奨します。

仮に送信者が分からない状態でトーク画面を撮影すると、誰と誰がやり取りしているLINEか分からないという言い訳が通ってしまう可能性があります。

LINEで浮気の証拠を集める際の注意点

LINEで浮気の証拠を集める際の注意点

容易に肉体関係が推認できるLINEのやり取り履歴は、浮気の慰謝料を請求する際に有効な証拠となります。しかし、LINEで浮気の証拠を集める際は2つの注意点があります。

相手にバレる可能性がある

LINEで浮気の証拠を集めていると相手にバレる可能性があります。

当然ではありますが、LINEの証拠を集めるためには配偶者のスマホを操作しなければいけません。その際、配偶者に操作している場面を目撃される可能性があります。

また、こっそりスマホを見ることに成功しても、閲覧していないLINEが見られている、寝る前後でスマホの位置が違うなど、ちょっとした違和感からバレる可能性も0ではありません。

もしも不倫を疑っていることが相手にバレれば、夫婦関係に亀裂が入る可能性があり、お互いの信頼関係がなくなるリスクが想定されます。

プライバシー侵害のリスク

相手に黙って勝手にスマホを見るのは、プライバシーを侵害する行為に該当します。

判例上では、勝手にロックを開けたりアプリをインストールしなければ慰謝料請求の対象にはなりませんが、LINEを見るためにはロックを解除しなければいけないのが普通です。

つまり、浮気の証拠を集めるために行ったLINEチェックにより、反対に配偶者からプライバシーの侵害で訴えられる可能性もあるということです。


LINE以外で浮気の証拠として有効なもの

LINE以外で浮気の証拠として有効なもの

LINEは、確実な肉体関係を示唆する内容があれば有効な証拠になりますが、言い逃れできる要素も多くあるのが実状です。

ここでは、LINE以外で浮気の証拠になるものを詳しく紹介します。

ラブホテルに出入りする写真

配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りする写真は、浮気を立証できる確実な証拠です。

シティホテルやビジネスホテルは、仕事の打ち合わせや待ち合わせでも利用されますが、大人の男女がラブホテルへ入室して「何もしていない」は通用しません。

ラブホテルへ入った日のLINEで、「気持ちよかった」「激しかったね」などの肉体関係を示唆するトークがあると、さらに立証できる可能性が高まります。


相手が浮気を認めた音声

相手が浮気を自白した音声データは有力な証拠となります。

しかし、浮気を認めた音声は自らの意志による自白でなければいけません。無理強いや強要で浮気を白状させた場合は、反対に強要罪や脅迫罪で訴えられる可能性があります。

探偵による調査報告書

探偵の調査報告書は有力な浮気の証拠になります。

すべての報告書が証拠になるわけではありませんが、浮気の証拠となる写真や動画が添付されており、明確な行動内容が記載されている場合は証拠として立証できます。


その他(レシートやクレジットカード明細など)

浮気相手とデートで行ったレストランのレシートや領収書、クレジットカードの利用明細なども、LINEのやり取りと照らし合わせて有力な証拠にできます。

例えば、12月24日にレストランで1万円分の支払いをした領収書があり、その前日に不倫相手とお店へ行く約束をしていれば、その日に密会していたという証拠になります。

レシートやクレジットカードの明細は、証拠隠滅を忘れてしまいがちな部分でもあるため、怪しい行動が見られるときは財布の中身をチェックしてみましょう。

LINEよりもさらに効力の高い証拠を得る方法

LINEよりもさらに効力の高い証拠を得る方法

言った言わないのトラブルを防止でき、慰謝料請求で有利な立場になるためには、LINEよりも高い効力を発揮する証拠を用意する必要があります。

不貞行為の自認書を書かせる

自認書とは、配偶者が不貞行為を持ったことを認める内容を記載した書面です。

自認書は配偶者と不倫相手が不貞行為を行った証拠になり、後で言った言わないのトラブルを未然に防止できるなどのメリットがあります。

自認書には以下の内容を記載してください。

  • 浮気相手の氏名、生年月日、住所
  • 浮気相手と不貞関係を持った場所やきっかけ
  • 浮気相手と不貞関係を持った回数や期間

LINEがきっかけとなり浮気の証拠を掴み、相手が言い逃れできない状況を作れた場合は、自認書を書かせることを推奨します。

探偵に調査を依頼する

探偵へ浮気調査を依頼すれば、自力よりも確実な証拠を掴める可能性があります。

例えば、言い逃れできない確実な証拠としてラブホテルへ出入りする写真がありますが、これを配偶者にバレずに自力で行うのは困難です。

しかし、探偵は尾行や張り込みが本職であるため、自力で押さえるのは難しい強力な不貞行為の証拠を掴むことができます。

多くの探偵社では無料カウンセリングを受け付けているため、まずは相談してみましょう。


浮気の確実な証拠探しならラビット探偵社にお任せください!

浮気の確実な証拠探しならラビット探偵社にお任せください!

確実な浮気の証拠を集めたいと考えている方は、全国14支店に拠点を構えるラビット探偵社へご相談ください。

当社は浮気調査に特化した探偵社であり、「高い調査力」と「料金の安さ」で多くの方から選ばれています。

全国でご依頼いただく件数が多く、広告費に余分なお金をかけていないなどの理由から、結果的に調査料金を安くするという形で還元できています。

また、あらゆるシチュエーションに対応できるベテランの調査員が調査するため、成功率の大幅な向上に成功しています。

調査報告書は弁護士監修のフォーマットで作成しており、重要な場面と一連の流れを詳細に記載するため、裁判でも使えるようにしています。

「離婚のために浮気の証拠が欲しい」「浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求したい」「浮気しているか調べたい」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング

まとめ

離婚や慰謝料請求できる不貞行為の基準、LINEだけの関係で慰謝料請求できるケース、LINEで浮気の証拠を集めるポイントや注意点などを詳しく紹介していきました。

LINEだけでは確実な浮気の証拠になりにくいものの、肉体関係の有無が明確なトークが含まれていれば慰謝料請求できる可能性は高まります。

また、慰謝料は肉体関係の有無を問わず請求できることもあるため、証拠を集める際は自分のスマホで前後の内容も含めて撮影するなどのポイントを押さえましょう。

LINEよりも効力のある浮気の証拠を集めたい場合は、浮気調査に特化したラビット探偵社へお気軽にご相談ください。

当社はお客様の問題解決のため、365日24時間いつでも無料のカウンセリングを実施しており、専門の相談員が悩みに対するアドバイスをさせていただきます。

一人で悩みを抱え込まず、お気軽にお問い合わせくださいませ。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら