コラム

Column

浮気調査

既婚女性の浮気率は?女性が浮気する理由7選を詳しく紹介!

既婚女性の浮気率は?女性が浮気する理由7選を詳しく紹介!

更新日:

PRが含まれています

「うちの妻に限って浮気なんてするはずない」と思いたいところですが、既婚女性の浮気率は意外と高く、なかには数人の男性と関係を持っているケースもあります。

浮気をする理由や相手を見つける場所には共通点も多くみられるため、夫婦関係の状態や妻の行動を振り返り、該当するものがないか確認しましょう。

この記事では、女性の浮気率が高い理由や男性と浮気をする理由の違い、浮気に気づいたときに取るべき行動について詳しく紹介します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら

既婚女性の浮気率は?

既婚女性の浮気率は?
既婚女性はどれくらいの割合で浮気をしているのでしょうか。ここでは、既婚女性の浮気率を相模ゴム工業株式会社のアンケートをもとに紹介します。

女性の浮気率

相模ゴム工業株式会社のアンケート調査によると、結婚相手や交際相手がいる女性の浮気率は16.3%という結果が出ています。

特定の相手が1人いる 14.8%
複数の相手がいる 0.7%
特定の相手以外にも性行為をしている 0.9%
合計 16.3%

100人のうち、約16人は浮気をしていることになります。このアンケートには、既婚していない交際相手も含まれますが、浮気率は意外と高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

「妻が浮気をしている気がする」と感じる場合は、実際に浮気をしている可能性も高いといえるかもしれません。

年代別の浮気率

アンケート調査によると、結婚相手や交際相手がいる女性の年代別の浮気率は下の表のようになっています。

年代 浮気率
20代 16.0%
30代 17.6%
40代 19.0%
50代 15.1%
60代 13.3%

浮気率が一番高い年代は40代で、一番低い年代が60代です。30代から40代にかけて大きく上昇していることがわかります。

ちなみに、30代~40代は女性の性欲が一番高まる年代といわれており、浮気率が高い年代と合致しています。


既婚女性の浮気率が高い理由

既婚女性の浮気率が高い理由
既婚女性の浮気率は高いですが、昔に比べても増加傾向にあります。ここでは、既婚女性の浮気率が高い理由を紹介します。

女性が経済的自立しやすくなった

既婚女性の浮気率が高くなっている理由は、女性の社会進出が進んで経済的に自立ができるようになった点が挙げられます。

経済的に余裕が出ると自分で自由に使えるお金が増えるため、行動範囲が広がり異性との出会いも増えます。例えば、お金に余裕が出て飲み会やジムに行く機会が増えると、異性と出会う回数も自然と多くなるでしょう。

また、経済的に自立することで「浮気がバレて離婚しても生活はしていける」と気持ちに余裕がでるため、浮気をしたいという気持ちが生じたときにブレーキが効きにくくなります。

共働きの夫婦が増えた

共働きが増えたことで、夫婦の会話やコミュニケーションを取る機会が減っていることも、既婚女性の浮気率が高まっている原因の1つです。

時間的なすれ違いがあると、お互いの行動や状況が把握しにくくなり、仕事を理由に浮気相手と会う口実を作ることができます。

また、共働きでありながら女性側に家事や育児の負担が大きい場合、配偶者へのストレスが大きくなり、イライラを解消するために浮気に走るケースも少なくありません。

浮気相手を見つけやすい

現代は昔に比べると生活様式が大きく変化しており、既婚女性が異性と出会いやすくなっていることも浮気率が高い原因の1つです。

例えば、下記のような現状も異性と出会いやすくなっている原因といえます。

  • SNSが普及して同級生や元カレと簡単につながれる
  • 出会い系アプリで簡単に浮気相手をみつけられる
  • オンラインサービスの普及で異性と出会いやすくなった
  • スマホの普及で連絡手段が大きく増えた

出会い系アプリは女性に比べて男性の需要が多く、女性が登録した場合は好きな相手を自由に選んでマッチングしやすくなっています。

また、オンラインゲームのようなオンラインサービスも浮気相手を見つけやすいツールで、出会い系アプリのようにもともと浮気する気がなくても、オンラインのやりとりを通じて相手に好意を持つこともあります。


男性とは違う!既婚女性が浮気をする理由7選

男性とは違う!既婚女性が浮気をする理由7選
既婚女性は男性とは違った理由で浮気することが多くあります。ここでは、既婚女性が浮気をする理由を7つ紹介します。

寂しさを埋めたい

浮気をする既婚女性の中には、寂しい気持ちを埋めたい気持ちが原因で異性と関係を持つようになるケースもあります。

「会いたいのに忙しくて会えない」「冷たい態度を取られた」のような寂しさもあれば、セックスレスによるスキンシップの少なさで感じる寂しさ、1人の女性として見られていないことへの寂しさなど、女性が寂しさを感じるシーンは多くあります。

寂しさが募るとネガティブになり、身近にいる男性に対して寂しさを埋めて欲しいと感じるようになります。

ドキドキしたい

夫婦になると恋人のときのようなワクワク感が薄れるため、刺激を受けてドキドキしたいという理由で浮気をする既婚女性もいます。

夫婦になると落ち着いて安定した生活を目指すことになるため、安心感を得られる代わりに、ドキドキ感は少なくなるのが一般的です。

結婚して最初のうちは安定した生活に憧れていたものの、心に余裕が出てくると独身時代のような刺激が欲しくなることで、浮気に走ることもあります。

しかし、結婚生活が長い夫婦でも、夫にドキドキ感を持ち続けている場合も多いため、ドキドキ感が無くなるのは自分自身に原因があるケースも多いです。

パートナーとの将来が不安

転職が多かったり、性格の不一致などが原因で将来への不安が大きくなり、安心感を求めて浮気をする既婚女性もいます。

しかし、将来への不安はきっかけの1つであり、実際には日ごろの不満や不安の積み重ねが原因となっている場合がほとんどです。

この場合は不倫相手と再婚を視野に入れ、着々と離婚に向けて準備を進めているようなケースもあります。

性欲を解消したい

セックスレスで性欲を解消したいという理由から、浮気に走る場合もあります。

女性の浮気率は性欲がピークとなる40代に多いですが、男性の性欲のピークは20代であるため、20代や30代で同年代のパートナーと結婚した場合は、性欲のピークにズレが生じます。

例えば、20代で結婚した場合、結婚当初は男性側の性欲が強いものの、10年以上経つと女性側の性欲が強くなるというものです。

40代になると結婚生活も長くなるため、セックスの回数も減り、高まる性欲を解消するために浮気をするケースが増えます。

押しに負けてしまった

家庭や夫に不満がなくても、押しに負けて浮気をしてしまう既婚女性もいます。

最初は興味がなくても、「好き」「かわいい」と言われ続けていると、女性は自然と意識してしまうものです。

そんなときに家庭や仕事で嫌なことがあると、ついつい相談してしまい、気を許して好意を持ってしまうこともあります。

このケースだと、会ったり話したりする機会が多い職場の人や、趣味を通じて知り合った人が浮気相手になりやすいです。

いつまでも恋愛を楽しみたい

恋愛体質と呼ばれる女性は、いくつになっても恋愛を楽しみたいと考えており、結婚したあとも浮気することがあります。

恋愛感情が夫に向いていれば問題ないのですが、一緒に生活していると相手への不満が募るなどして恋愛対象として見れなくなり、他の男性に好意を持って浮気に走るというものです。

恋愛体質の女性は常に恋愛をしていないと気持ちが満たされないため、何度も浮気を繰り返す傾向にあります。

浮気のスリルを味わいたい

浮気をしている既婚女性は、「夫にバレてはいけない」という焦りや不安を持ちながら生活を送りますが、焦りや不安がスリルとなって浮気に快感を覚える女性もいます。

結婚生活に不満がなく順風満帆に安定した生活を送り、専業主婦のように外部の人と接する機会が少ない女性に多くみられる理由です。

スリルを求めるために浮気をすることには中毒性もあり、浮気が発覚したあとも懲りずに繰り返す傾向にあります。

既婚女性が浮気相手を見つける場所

既婚女性が浮気相手を見つける場所
既婚女性は浮気相手をどのように見つけているのでしょうか。ここでは、既婚女性が浮気相手を見つける場所を3つ紹介します。

職場

仕事で異性とかかわる機会が多い職場は、浮気相手を見つけやすい場所です。

仕事の内容や職場によっては、一緒に過ごす時間が夫よりも上司や部下、同僚の方が長くなるケースもあるでしょう。

また、仕事に関連する共通の話題で会話が長続きしやすいことや、相談をする機会も多くあるため、親密になりやすいという特徴もあります。

職場の人との浮気は仕事を理由に時間を作りやすいため、パートナーにバレにくいのも浮気に発展しやすい理由といえるでしょう。

他にも、仕事の取引先関係、新年会や忘年会で親密になるケースもあります。


同窓会

同窓会をきっかけに浮気関係になる「浮気同窓会」が増えており、青春時代を一緒に過ごしてきた学友との再会は浮気のきっかけになることがあります。

同窓会が浮気のきっかけになりやすい理由として、下記が挙げられます。

  • 元カレと再会して恋心が再燃する
  • 昔好きだったといわれて意識する
  • 昔好きだった人に恋をする
  • 昔のイメージとのギャップに恋をする
  • 昔の話題で会話が尽きない

また、同窓会に参加する既婚女性の中には子育てが落ち着き、夫婦関係がマンネリ化していることも多く、同窓会が終わった直後に誘惑に負けて関係を持ってしまうパターンもあります。

SNS

既婚女性が浮気相手を見つける場所として、年々増えているのがSNSです。

SNSの本来の目的は文章や写真、動画などを通して人とコミュニケーションを取るためのツールで、プライベートやビジネスなど利用する人の目的はさまざまです。

SNSにはDMやコメント機能などがあり、知人や友人だけでなく、知らない人と簡単につながることができるため、SNSのやりとりで関係が深まって浮気するケースもあります。

出会いアプリのように浮気目的で利用するケースは少なく、共通の話題で盛り上がってDMの回数が増えていくうちに、いつの間にか好意を持って浮気に発展しやすいのもSNSの特徴です。

妻の浮気に気づいた夫が取るべき行動

妻の浮気に気づいた夫が取るべき行動
妻の浮気に気づいたとき、感情的になって問い詰めることは逆効果です。ここでは、妻の浮気に気づいた夫が取るべき行動を紹介します。

今後の夫婦生活について考える

妻の浮気に気づいたとき、まずは今後の夫婦生活について考えましょう。選択肢として考えられるのは、下記の3つです。

  • 婚姻生活を続ける
  • 別居してしばらく距離を置く
  • 離婚して新しい生活を始める

妻のことを好きで信用しているほど、浮気が発覚したときのショックも大きくなります。浮気に気づいた直後は、離婚という選択肢しか浮かばないという方も多いでしょう

しかし、子どもがいる場合は、将来のことも踏まえながら最善の選択を考える必要があります。被害者である自分が不利にならないためにも、冷静さを失わないことが重要です。

探りを入れてみる

妻の浮気に気づいても確定的な証拠がなければ、離婚や慰謝料の請求はできません。

また、場合によっては実際に浮気をしていない可能性もあるため、浮気の決定的な証拠を掴むために探りを入れてみるのもよいでしょう。

探りを入れる場合の注意点は、浮気の事実確認を妻に直接しないようにすることです。

例えば、「浮気しているだろう」といきなりいっても相手は否定する可能性が高く、浮気に気づかれたと思って浮気の証拠をすべて隠ぺいするかもしれません。

また、それがきっかけで浮気相手との密会も控えるようになると、浮気の証拠を掴むことが難しくなってしまいます。

決定的な証拠を掴むためには、知らないふりをして妻を油断させることも重要です。

探りを入れる場合は、「最近仕事忙しい?」、「友達が浮気しているみたい」のように間接的な内容にとどめ、その反応で相手の様子を確かめましょう。

探偵社へ依頼して浮気の証拠を掴む

妻に対して離婚や浮気相手に慰謝料の請求を検討している場合や、浮気の事実を確かめたい場合は、探偵社に依頼して浮気の証拠を掴みましょう。

裁判で離婚や慰謝料の請求を行うためには浮気の証拠が必要ですが、ここでいう証拠とは肉体関係の事実があったことを示すものです。

例えば、2人がホテルに出入りしている写真、性行為の動画や音声、自宅に浮気相手を連れ込んでいる写真などが証拠となります。

LINEやSNSのやりとり、パートナーの口頭説明だけでは浮気の事実が証拠にはなりません。

自分で浮気調査をして証拠を掴むハードルは高く、GPSを仕掛けたり、相手のスマホに浮気調査のアプリを仕込んだりすることで、反対に訴えられるリスクもあります。

法律を遵守して妻に気づかれずに浮気の証拠を掴むなら、第三者で調査のプロに依頼できる探偵社がおすすめです。


浮気調査はラビット探偵社にお任せください!

浮気調査はラビット探偵社にお任せください!
浮気調査を依頼するなら、ラビット探偵社にお任せください。

ラビット探偵社では、お客様の悩みや状況に応じて調査内容を提案します。業界トップクラスの低価格を実現しており、全国対応しているため、出張や旅行先で浮気をしている場合の調査にも余分な費用がかかりません。

ベテランの調査員が調査するため成功率が高く、さらに内容については現場から現在起こっていることをメール等でお知らせするリアルタイム報告にも対応しています。

調査結果は弁護士が監修したフォーマットで報告し、浮気の事実が発覚した場合は調停や裁判で有利になるように詳細を記録します。

無料カウンセリングも行っているため、妻が浮気をしていると感じる場合はお気軽にご相談ください。

まとめ

既婚女性の浮気率は16.3%であり、妻の浮気は他人事とはいえません。

妻が浮気をしているかもしれないと感じる場合、実際に浮気をしている可能性もあるため、事実をはっきりさせるためにも浮気調査の依頼をおすすめします。

失敗しないためには、浮気調査を強みとしている探偵社を選びましょう。離婚や慰謝料請求の裁判で必要となる証拠は、性行為につながる写真や動画です。これらの証拠を掴むことは簡単ではなく、調査員のスキルや経験値が重要になります。

ラビット探偵社は、これまでに数多くの浮気や不倫問題を解決してきた実績があります。「証拠はないけど、浮気をしているかもしれない」という小さな違和感から、調査して浮気の証拠を掴んだ実績も多くあります。

全国24時間の無料カウンセリングを行っているため、浮気調査を検討している方や詳細を聞きたい方はお気軽にお問い合わせください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら