コラム

Column

浮気調査

単身赴任中に不倫する7つの原因とは?チェックするポイントや事前にできることも紹介

単身赴任中に不倫する7つの原因とは?チェックするポイントや事前にできることも紹介

更新日:

PRが含まれています

単身赴任中のパートナーが不倫に走り、離婚トラブルに発展したケースは多くあります。

不倫問題は、テレビやネットだけのものだと思っている方もいらっしゃるかも知れません。ですが、決してそのようなことはなく、不倫問題は身近に潜むトラブルの1つです。

この記事では、単身赴任中の不倫をテーマに、不倫に走ってしまう理由、不倫しているかどうかのチェック方法、不倫の予防策、対処法について詳しく紹介します。

\全国365日24時間無料相談受付中/お問い合わせはこちら
  1. 単身赴任中に夫が不倫する7つの原因
    1. 人恋しい
    2. どうせバレないと考えている
    3. 環境が変わったことへのストレス
    4. 夫婦のコミュニケーション不足
    5. 1人の時間が増える
    6. 外での飲食が増える
    7. 独身に戻ったような気分になってしまう
  2. 単身赴任中の不倫をチェックするポイント
    1. SNSを確認
      1. メッセージ等のチェック
      2. SNSの投稿内容や保存写真の確認
      3. 友人やフォロワーの確認
    2. 自宅に戻る回数が減少していないか
      1. 帰宅予定の共有
      2. 在宅時間の確認
      3. 家の中での様子の確認
    3. アポなし訪問をしてみる
      1. 訪問のタイミング
      2. 自然な理由を用意する
      3. 夫の反応を観察する
    4. 部屋の中に不自然なものがないか
      1. メモや手紙の確認
      2. 持ち物の配置の変化
      3. 香水等の普段とは異なる香り
    5. お金の使い方が変わっていないか
      1. 銀行取引の確認
      2. 領収書や請求書の確認
      3. 夫婦の共通口座の監視
  3. 単身赴任中の不倫を避けるためには
    1. 訪問回数を増やす
    2. オンライン通話などでコミュニケーションをとる
    3. 家族を思い出すような写真などを飾る
    4. 不倫はリスクがあると伝えておく
    5. 感謝の言葉を伝える
  4. 単身赴任中の不倫が発覚したら
    1. 証拠を集める
      1. メッセージや通話履歴の保存
      2. 写真やビデオの撮影
      3. 専門家のサポートを活用する
      4. 証拠集めは慎重に
    2. 関係を解消させ慰謝料を請求する
      1. 冷静な判断と話し合い
      2. 専門家への相談
      3. 証拠の提出
      4. 慰謝料の請求
  5. 不倫の証拠集めはラビット探偵社にお任せください!
  6. まとめ

単身赴任中に夫が不倫する7つの原因

単身赴任中に夫が不倫する7つの原因

はじめに、単身赴任中の夫が不倫に走る原因について解説します。

人恋しい

単身赴任中の夫が不倫に走る1つの原因は、人恋しさや孤独感です。

家族やパートナーと離れて暮らすことで、日常のコミュニケーションや温かい触れ合いが減少し、心の空虚感が生じることがあります。

実際に、単身赴任中の人の中には、家族やパートナーと離れて苦しむケースが見られます。一人で過ごす時間が増えることで、他の人とのつながりを求める欲求が高まってしまうのです。

どうせバレないと考えている

身近な人と離れて生活することで、自分の浮気がばれる可能性が低いと思い込んでしまい、どうせバレないだろうと安易な考えから不倫に走るケースも多いです。

環境が変わったことへのストレス

新しい土地や職場への適応や孤独感は、夫の心理的負担となり、不倫のリスクを高めることがあります。

新しい土地や職場での人間関係の構築や、文化の違いに対応することは容易ではありません。

この過程でのストレスは、夫の精神的な負担となり、不倫に走る可能性を高める要因の1つとなります。

夫婦のコミュニケーション不足

距離や時間の制約により、夫婦間のコミュニケーションが減少し、絆が薄れることで不倫のリスクが高まる可能性があります。

夫婦のコミュニケーション不足は、互いの思いや気持ちを共有する機会を失うことにつながります。これにより、不安やストレスを抱えたまま一人で解決しようとする傾向が出てきます。

その結果、他の人との関係を求める欲求が高まり、不倫の誘惑に負ける可能性が高まります。

1人の時間が増える

家族やパートナーから離れて生活するため、夫は以前よりも自分の時間を持つことが増えます。この時間の使い方によって、不倫のリスクが高まることがあります。

仕事以外の時間が増え、自分自身の趣味や興味に没頭する機会が増えます。この自由な時間の中で、他の人との出会いや関係を深めることに魅力を感じる夫もいるでしょう。

外での飲食が増える

新しい環境での生活や仕事の忙しさにより、外食や飲み会などで他の人との関係を深める機会が増えます。このような社交的な場での交流が、不倫のきっかけとなることがあります。

単身赴任中の夫は、新しい土地や職場での人間関係を築くために、外での飲食や飲み会に参加する機会が増えることが一般的です。

これは、同僚や知人との交流を深めるチャンスとなる一方で、新たな人との関係を築く可能性も秘めています。

独身に戻ったような気分になってしまう

家族やパートナーとの日常生活が一時的に中断されることで、自分の行動や時間の使い方に制約が少なくなります。

これにより、夫は独身時代のような自由さや若さを取り戻した気分になることがあります。

独身に戻ったような気分になることで、夫は新たな出会いや関係を追求する誘惑に駆られる可能性があるのです。

単身赴任中の不倫をチェックするポイント

単身赴任中の不倫をチェックするポイント

次に、単身赴任中の不倫をチェックするポイントについて解説します。

不倫に走らない良好な夫婦関係を築くことが大切ですが、以下のチェック方法を実践することが不倫の予防策としてもはたらくでしょう。

SNSを確認

単身赴任中の不倫をチェックする手段として、SNSを確認することが挙げられます。SNSは、他の人との関係を築いたり、不倫の証拠を残したりする場所となる可能性があります。

SNSアカウントを確認する際には、以下のポイントに注意してください。

メッセージ等のチェック

他の人とのコミュニケーションを取っている可能性があるため、メッセージやダイレクトメッセージの履歴を確認します。

不審なやり取りや浮気の兆候がないかを注意深く見るようにしましょう。

SNSの投稿内容や保存写真の確認

SNS上で自分自身や他の人との写真や投稿をしている場合、その内容や相手との関係に注意を払ってみましょう。不自然な関係性や浮気の証拠が写真や投稿に現れる可能性があります。

友人やフォロワーの確認

友人やフォロワーの中に、不審な人物がいないかを確認してみましょう。新たなつながりや関係が見つかるかもしれません。


自宅に戻る回数が減少していないか

自宅に戻る回数が減少していないかを確認することもチェック方法として効果的です。

自宅に戻る回数が減っている場合、他の人との関係を深めるために時間を使っている可能性があります。以下に挙げるポイントに注目して確認してみましょう。

帰宅予定の共有

夫婦間で事前に帰宅予定を共有するようにしましょう。帰宅予定が不明瞭であったり、断続的にしか帰宅しない場合は注意が必要です。

在宅時間の確認

単身赴任中のスケジュールを確認し、自宅にいる時間帯を把握するようにしましょう。

自宅に戻る時間が通常と大きく変わっていたり、帰宅の頻度が減っている場合は異変のサインといえます。

家の中での様子の確認

自宅に戻った時に、家の様子に不自然な変化がないかをチェックしましょう。他の人が居たり、夫婦で持っていないモノが見つかる場合は注意が必要です。


アポなし訪問をしてみる

単身赴任中の不倫をチェックするためには、アポなし訪問をしてみることも効果的です。以下は、アポなし訪問をする際のポイントです。

訪問のタイミング

通常帰宅する時間や休日にアポなし訪問をします。予定外の訪問により、行動や態度に異変が見られるかどうかを確認してみましょう。

自然な理由を用意する

アポなし訪問の理由として、自然な理由を伝えるようにしましょう。例えば、買い物や近所の用事などの理由を挙げることで、訪問が偶然であるように演出できます。

夫の反応を観察する

訪問した際に夫の反応や行動を注意深く観察します。不自然な動揺や隠し立てがある場合は、異変のサインとなる可能性があります。

部屋の中に不自然なものがないか

部屋の中に不自然なものがないかを確認してみるのも有効です。部屋の中には、浮気の証拠や他の人との関係を示すアイテムが隠されている可能性があります。

以下は、部屋の中に不自然なものがないかをチェックするポイントです。

メモや手紙の確認

部屋に置かれているメモや手紙を注意深く確認します。他の人との連絡内容や浮気の兆候が書かれている場合があります。

持ち物の配置の変化

部屋の中の家具や装飾品の配置に変化があるかを確認します。他の人が部屋に出入りしている可能性があり、不自然な配置の変化が見受けられる場合は注意が必要です。

香水等の普段とは異なる香り

部屋に特定の香りが漂っていたり、通常とは異なる香水の匂いがする場合は異変のサインとなる可能性があります。

お金の使い方が変わっていないか

単身赴任中の不倫をチェックする方法として、お金の使い方が変わっていないかも重要です。浮気はお金が関わることが多く、不自然な出費をしている場合は注意が必要だといえます。

以下は、お金の使い方が変わっていないかをチェックするポイントです。

銀行取引の確認

銀行取引明細を確認し、不審な出金や頻繁なクレジットカード利用がないかを注意深くチェックしてみましょう。

領収書や請求書の確認

荷物や財布の中に領収書や請求書があるかを確認します。不自然な支出が見受けられる場合は異変のサインとなる可能性があります。

夫婦の共通口座の監視

夫婦間で共有している銀行口座やクレジットカードの利用履歴を監視するようにしましょう。不審な支出がないかがチェック項目となります。

単身赴任中の不倫を避けるためには

単身赴任中の不倫を避けるためには

ここでは、単身赴任中の不倫トラブルを避けるための予防策について解説します。

訪問回数を増やす

単身赴任中の不倫を避けるためには、訪問回数を増やすことが重要です。夫婦間のコミュニケーションや絆を深めるために、定期的な訪問が重要となるでしょう。

積極的な訪問を実施するためには、夫婦間でのきちんとスケジュールを調整することが大切です。調整を図ることで、休暇を利用した夫婦でのお出かけなども行いやすくなります。

オンライン通話などでコミュニケーションをとる

単身赴任中の不倫を避けるためには、夫とのコミュニケーションを維持することが重要です。まずは夫婦間で定期的な連絡スケジュールを設計してみると良いでしょう。

コミュニケーションの中では、夫婦それぞれが経験した日常体験を共有することがおすすめです。また、会話でお互いに励ましあえる言葉を使うと、より良好なものとなります。

家族を思い出すような写真などを飾る

単身赴任中の不倫を避けるためには、家族を思い出すきっかけを与えることが重要です。

家族の写真や思い出の品を飾ることで、夫は家族との絆を感じ、浮気のリスクを減らすことができます。

不倫はリスクがあると伝えておく

単身赴任中の不倫を避けるためには、不倫のリスクについて正直に伝えることが重要です。

不倫が家庭や夫婦関係に与える影響や、将来のリスクを共有することで、誘惑に打ち勝つ意識を持つことができます。

感謝の言葉を伝える

単身赴任中の不倫を避けるためには、夫婦ともに感謝の気持ちを伝えることが重要です。

日常の何気ないことから、パートナーの普段のサポート、夫婦としての成長に対してなど、感謝できる場面はたくさんあります。感謝を忘れずに積極的に伝え合うようにしましょう。

単身赴任中の不倫が発覚したら

単身赴任中の不倫が発覚したら

不倫トラブルが生じないことが何よりも望ましいことですが、万が一にも不倫問題の事態に陥った場合には適切な対処を講じましょう。

ここでは、具体的な対処法について解説します。

証拠を集める

単身赴任中の不倫が発覚した場合、冷静に対処するためには証拠を集めることが重要です。証拠は真実を確認し、適切な対応を取る上で役立ちます。

以下は、証拠収集の方法とポイントです。

メッセージや通話履歴の保存

不自然なやりとりや怪しい内容がある場合、何らかの形で保存しておくようにしましょう。後に証拠として活用できます。

写真やビデオの撮影

不倫の証拠となる可能性のある状況や行動を写真やビデオで記録するようにしましょう。ただし、プライバシーを侵害しないように注意し、法的な問題を避けるためにルールは必ず守るようにしましょう。

専門家のサポートを活用する

証拠を集めることが難しい場合や法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士や探偵などの専門家の助けを借りてみるのも効果的です。経験と専門知識を活かして証拠を収集し、適切な対応策を提案してくれるでしょう。

証拠集めは慎重に

証拠を集める際には、自身の安全と法的なルールを守ることが重要です。冷静な判断を保ちながら、証拠を確実に集めていきましょう。


関係を解消させ慰謝料を請求する

単身赴任中の不倫が発覚した場合、関係を解消させるためには適切な手続きを行い、必要な場合には慰謝料を請求することが重要です。

以下は、関係解消と慰謝料請求の手続きについてのポイントです。

冷静な判断と話し合い

まずは冷静な判断を心がけ、夫婦で話し合いを行いましょう。感情的にならず、落ち着いて相手の意見を聞き、自身の気持ちや希望を伝えることが重要です。

専門家への相談

関係解消や慰謝料請求についての法的な助言が必要な場合は、専門家に相談しましょう。専門知識を持ち、適切な手続きや慰謝料の請求額の算定などをサポートしてくれます。

証拠の提出

関係解消や慰謝料請求には、不倫の証拠が重要です。証拠となるメッセージや通話履歴、写真などを提出し、相手に不倫の事実を確認させることが必要です。

慰謝料の請求

関係解消に伴い、慰謝料の請求を検討する場合は、弁護士と相談し、相手に対して慰謝料を請求する手続きを行いましょう。慰謝料の請求額は、法的な基準や関係の状況に基づいて算定されます。


不倫の証拠集めはラビット探偵社にお任せください!

不倫の証拠集めはラビット探偵社にお任せください!

単身赴任しているパートナーに不倫の疑いを感じた場合には、ラビット探偵社へご相談ください。弊社は警察OBの会社にて調査ノウハウを学び設立した、浮気調査専門の探偵社です。

全国14支店を構え、各地域に専門的な知識・スキルを蓄えた調査員が所属しているので、単身赴任での不倫調査も納得できるサービスを提供いたします。

また、調査は24時間のリアルタイム報告を徹底して行っているため、たとえ遠方であっても調査結果を随時受け取ることができます

弁護士への無料相談をはじめとした調査後のサポートも取り揃えていますので、不倫の事実が明らかとなり慰謝料請求等に踏み切るとなった場合でも、安心して弊社のサービスを利用していただくことができます。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング

まとめ

この記事では、単身赴任中の不倫をテーマに、不倫に走ってしまう理由、不倫しているかどうかのチェック方法、不倫の予防策、不倫が明らかとなった場合の対処法に関して解説してきました。

不倫は夫婦にとって大きな禍根を残す問題ですが、単身赴任中の孤独感や急激な環境の変化などが要因となっており、防止するためには夫婦としての関係を単身赴任中でも持続させることが何よりも重要となります。

この記事の内容を参考に、良好な夫婦関係を築いてもらえれば幸いです。

また、万が一にも不倫していることが明らかとなった場合には、相応の対応を講じる必要があるのも事実です。その後の取り組みとして、証拠集めや示談交渉、慰謝料の請求、民事訴訟などが挙げられますが、不倫発覚後の精神的負担に加わって、体力的にも消耗が大きいものばかりです。

適切な対処を図るためにも、不倫が発覚した場合には、ラビット探偵社をはじめとした専門機関のサポートを検討してみてください。

\全国365日24時間電話相談受付中/無料カウンセリング
本記事の監修者
黒岩弘敦
  • 氏名:黒岩 弘敦
  • 経歴:元警察本部 刑事部在籍
  • 紹介文:元神奈川県警警察本部刑事部管理課に従事。その経験を活かし職員のコンプライアンスの向上、個人情報の秘匿に対する秘匿の堅持、法令に抵触しない技法等の社内教育を実施。
詳しくはこちら